ガソリン価格...全国平均2000ウォン突破、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


ガソリン価格...全国平均2000ウォン突破

0




全国のガソリンスタンドのガソリン平均価格が心理的なマジノ線である2000ウォンを突破した。

27日、 韓国石油公社の原油価格の情報サイトオフィスネットによると、同日午後3時現在、全国のガソリンスタンドの普通ガソリンの平均値は、前日よりもリットル(ℓ)あたり1.30ウォン上がった2000.85ウォンだった。

去る23日(1993.61ウォン)、既存の最高値(1993.17円)を更新した後、連日最高値を塗り替えている。

ソウル地域も同じ時間、ソウル地域のガソリン平均値は2079.39ウォンと、前日より0.80ウォンオルルミョ最高値更新のリレーを続けている。

現 在政府は、周辺のガソリンスタンドよりℓ当たり100ウォン安く売る倹約ガソリンスタンドで "石油価格雑記 'に出たが販売量が通常のガソリンスタンドよりも5倍多く、原油価格の上昇期に、国際原油価格の上昇分が小売価格にすぐに反映されることによって、消費者 は倹約ガソリンスタンドは、名前だけ "倹約"と不満を表わしている。

ため、業界では、イランの核の懸念など、国際原油価格が強気を継続すると予想されるため、政府が油類税を引き下げるべきだと要求している。 業界関係者は "昨年の原油価格の引き下げに、精油会社が"犠牲 "をしたので、今回は油類税引き下げなど、政府が出なければならない"と主張した。

政府が乳首バー理由が1バレル= 140ドルを上回ったの2008年7月、一時的に油類税をℓ当たり82円引き下げた。 しかし、原油価格が思いっきり上がった昨年4月、油類税を引き下げなければならないという声が高まったが、最終的に油類税引き下げは検討しなかった。

現在のドバイ原油のスポット価格は24日現在バレル121.57ドルを記録し、3年6ヶ月ぶりにバレル120ドルを超えた。 ドバイ高のシンガポール現物市場で取引されている国際的な製品価格が上昇を続け、国内の製品価格も絶えず上がっている。

しかし、政府は税収の減少などを懸念し油類税引き下げを検討していないとの立場を維持した。 洗剤ごとの国の企画財政部は、国際原油価格が130ドルに達するとコンチジョンシプランを広げると発表した。 しかし、財政部関係者は "コンチジョンシプランが必ず油類税引き下げを意味するわけではない"と付け加えた。

ホンソクオ知識経済部長官も23日に就任100日を記念した記者懇談会の席で、 "現在の油類税引き下げを検討していない"としながら"(原油価格が)適正段階になると様々な手段を協議することができ、油類税引き下げも検討するすることができるだろう "と話した。

ドバイ原油価格がバレル当たり120ドルを超え、130ドルに向かって上昇している時点で、政府がどのようなカードを出すのか注目される。

コメント

(0)

コメントする