李明博政府の4年、 首都圏賃貸住宅25%急騰、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


李明博政府の4年、 首都圏賃貸住宅25%急騰

0

李明博政府の4年間の住宅価格はある程度安定したが賃貸住宅が急騰し、ホームレスの庶民の苦痛はさらに深まったことが分かった。

国土海洋部は、現政権発足以来、過去4年間、全国の住宅価格は4.9%上がって安定したと23日明らかにした。

これは、過去の参加政府4年間、首都圏の住宅価格上昇率31.9%と比べて大きく低下したのだ。

国土部はくつろぎの場所住宅43万7千球の供給などにより、首都圏の住宅価格上昇率が安定化の傾向に入ったと評価した。

また、現政権初期の16万世帯まで達していた未分譲住宅も、最近の7万世帯レベルで減少したことが分かった。

しかし、住宅価格とは異なり、苦ー不安は一層深刻になった。

現政権に入って首都圏苦ー上昇率は25.2%に達した。 参加政府4年間、首都圏苦ー上昇率が2.9%にとどまったことに比べれば、今回の政府の苦ーが8.7倍上がったのだ。

政府が苦ー安定のために6回にわたって対策を吐き出したが苦ーをとるには力不足だった。

国土部は残りの任期の間、住宅の取引の正常化とジョンウォルセ安定など、庶民住居安定に注力する計画であると強調した。

このため、ねぐら15万世帯を含む新築住宅45万戸を供給して首都圏マンションの取引量も平年(年間18万世帯)より15%増加するように支援すると述べた。

コメント

(0)

コメントする