「危機のHTC」クアッドコアフォンが救世主?、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


「危機のHTC」クアッドコアフォンが救世主?

0

競合他社の速いスマートフォンの切り替えで一時うまく行ったHTC。 しかし、相対的にスマートフォンの切り替えが遅れた三星(サムスン)電子がジェンゴルウムウロ動いて市場の支配権は変わってしまった。 もうアップルとサムスン電子の2強構図にHTCは離れて後ろから走る姿になった。


市場の雰囲気を変えるためにヴィッツオーディオをはじめとする差別化戦略で戦列を整えてはいるが反応はまだ生ぬるいです。 そんなHTCが来るMWC2012を迎え導入とされることがクアッドコアスマートフォンエンデバー(Endeavor)だ。


これまでエトジナビル(Ville)などと呼ばれた製品です。 4.7インチ(1,280×720)SLCDディスプレイにクアッドコア、NVIDIA Tegraの1.5GHz 3プロセッサは、800万画素カメラ、1GB RAM、32GBメモリ、1,800 mAhのバッテリーなどで武装した。

ここではAndroidの4.0アイスクリーム、サンドイッチ、HTC特有のセンスUI 4.0まで通常大丈夫だ。 しかし、今はピョンイヘ見えるまでは、デザインとTegraの3を除いて、特に引き立たない仕様のために揺れるHTCを救うほどの製品なのかというデソンかしげノックされる。

コメント

(0)

コメントする