サムスン電子、LCD事業部分社決意... SMDと統合、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


サムスン電子、LCD事業部分社決意... SMDと統合

0

三星(サムスン)電子が液晶表示装置(LCD)事業部を分割することだった。 サムスン電子は "20日の理事会を開き、LCD事業の競争力向上のためにLCD事業部を分割する案を承認した"とこの日明らかにした。

サムスン電子は、 "これは、急速に変化するディスプレイ市場環境に効果的に対応して熾烈なメーカー間の競争で差別化された競争力を確保するために、迅速な意思決定システムと経営資源の効率的な運用が可能なマネジメントシステムを構築するためのもの"と説明した。

LCD事業部は、4月1日資本金7千500億ウォンの仮称 "三星ディスプレイ株式会社"の新規法人として発足することになる。 サムスン電子は3月の定期株主総会で分割の承認を経る予定です。

LCD事業部は、昨年22兆7000億ウォンの売上に1兆6000億ウォンの営業損失を記録したものと推定されている。

LCD事業部は、噴射後、サムスンモバイルディスプレイ(SMD)との合併を通じて、ディスプレイ専門会社として育成する案が有力に検討されていると伝えられた。

これは、ディスプレイ事業の中心軸がLCDの次世代ディスプレイであるOLED(有機発光ダイオード)に急速に移っているからだ。

LCD事業部は、大型ディスプレイパネルを、SMDは、有機発光ダイオード(OLED)を主力に、携帯電話やタブレットPCに使われる中小型ディスプレイパネル事業に注力してきた。

サムスン電子は、LCD事業部噴射に続いて5〜6月頃SMDとの合併をマムリジウルことが分かった。 似たような事業領域を備えたLCD事業部とSMDを合併してシナジー効果を高めるということだ。

世界のディスプレイの1位のLCD事業部と、全世界OLED市場の96%を占めているSMDが合併した場合の年間売上高30兆ウォン規模の巨大ディスプレー専門の系列会社が生まれる。

一気に財界10位以内の大企業ではIT、三星(サムスン)グループ内では、売上高ベースでサムスン電子に次ぐ2位の系列会社の地位を持つようになる。

ディスプレイ部門がサムスン電子から分離して独立した経営を始める場合、迅速な意思決定に変化する市場に効果的に対応することができるという観測だ。

LCD事業部長バクドンゴン副社長は "今回の分割でLCD事業のスピード経営の確保が可能になって取引先の多様なニーズに迅速に対応できるようになった"と話した。

サムスン電子LCD事業は、サムスンSDI(旧サムスン電管)での薄膜トランジスター液晶表示装置(TFT-LCD)事業を移管受け、1991年に研究開発を開始した。

1995年月2万枚規模の1ライン(370mmx470mm)を稼動し、当時、日本が主導したTFT-LCD市場に本格進出した。

サ ムスン電子は市場参入、3年後、1998年10インチ以上の大型LCD市場で世界1位を達成し、大型LCD TV用パネルの量産開始を40インチ以上の大型TVや発光ダイオード(LED)TV、3D TVなど市場を先取りする製品をリリースしながら、2002年以降、これまで連続世界1位の座を守り続けている

コメント

(0)

コメントする