格安航空会社の力上がった。 '黄金路線受付 `、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


格安航空会社の力上がった。 '黄金路線受付 `

0

勝者は格安航空会社(LCC)であった。 '黄金ルート `である金浦(キンポ)〜台湾スンサン輸送権が、最終的にティーウェイ航空とイースター航空の手に入ったもの。 最近、国内の大手航空会社とLCCは、この新規路線をおいて熾烈な神経戦を繰り広げてきた。

先立って昨年2月にはイースター航空、エアー釜山が日本成田ウンスグォンを占めた事があって、国内LCCがますます力を得ている様子である。



国土海洋部は23日、航空交通審議委員会の審議を経て、金浦空港と台湾スンサンゴンハンウル行き来する新規路線運航権をティーウェイ航空とイースター航空の配分したと発表した。 ティーウェイ航空はこの路線を週4回、イースター航空は週3回運航する。

航空業界で金浦〜スンサン路線は '黄金路線'で通じる。 現在、国内で台湾に行く路線は、台北行きがすべて。 約80%の搭乗率を見せている。

こうした中、スンサン空港は台北市内の近接した位置にあり、空港アクセス時間を1時間ほど短縮することができる。 高い収益性が期待される理由だ。

ため、最近の航空会社は、この路線を選定するために全力を書いた。 去る3日、大韓航空とアシアナ航空などの大手航空会社2社と済州航空とエア釜山·ジンエアーㆍイースター航空·ティーウェイ航空など5つのLCCが国土海洋部に運航申請書を提出した。

当時大手航空会社は、金浦(キンポ)〜スンサン路線がビジネスの商用路線だけにこれに合う施設とサービスが必要であると主張した。 特に台湾が先にこのルートを、台湾1,2位大手航空会社にチャイナエアラインとエバー航空に配分した点を強調した。 LCCがウンスグォンを取ると、ややもする路線の競争力が萎縮することができるという指摘だった。

運送権を占めていない限り大規模な航空会社の関係者は "結果が出たのであれこれ言うことはできない"とし "ただ残念なだけだ"と伝えた。

一方、今回の新路線に就航するティーウェイ航空とイースター航空は浮かれた。

ティーウェイ航空関係者は "政府が運送権を配分し、LCCの方を考慮したと聞いている"とし "最近の市場シェアが拡大するなど、国内LCCの競争力が高まっている状況で、収益性の高いウンスグォンを獲得し、さらに力を得た"と強調した。

国土部関係者は "国民がよく利用する路線でLCCの運航が拡大し、航空産業の育成に寄与する一方、海外旅行のお客様の費用負担を一層軽減することが期待される"と述べた。

コメント

(0)

コメントする