韓・日不渡り危険差大地震後最大、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


韓・日不渡り危険差大地震後最大

0

日財政赤字の発​​生に逆転現象最長

韓国と日本の不渡り危険逆転現象が一ヶ月以上続いている。 これまで逆転現象が最も長かったのは、日本大震災当時に1週間ほどだった。

両国の不渡り危険指標は逆転状態で、格差を広げ大震災後、最大格差を見せている。

21日、金融監督院と国際金融センターによると、先月12日から前日まで40日ほど韓国国債(5年物)のクレジット·デフォルト·スワップ(CDS)プレミアムは、日本CDSプレミアムより低かった。

韓国のCDSプレミアムが先月12日、81.4bp(1bp = 0.01%ポイント)に低下し、日本の数値(83.0bp)を下回った後の逆転現象は続いた。

普通韓国の不渡り危険指標は日本より高い。 昨年3月11日、日本で大規模な地震が発生した直後、日本のCDSプレミアムが急騰して初めて韓国の数値が日本より低くなったことがある。

当時も逆転現象は7日間(3月15〜21日)続くにとどまった。 取引日基準では5日間である。

その後、韓国不渡り危険指標は以前の水準に戻って、日本よりも高くなった。 今年9月に韓国の国家信用格付けが相次いで上方修正されると、同月14日逆転現象が再び発生したが、その後はもみ合いた。

そうして先月12日からは韓国の不渡り危険指標が一度も日本より低くなったことがない。

前日には、韓国CDSプレミアムが63.4bpまで離れて日本(73.6bp)より10.2bp低く、中国(64.3bp)よりも低かった。

両国のCDSプレミアムの数値が逆転状態で10bp以上行われたのは、昨年大地震直後の3月16日一回で、日本のCDSプレミアムが117.8bpまで沸き上がっ韓国(105.1bp)より12.7bp高かった。

最近の日韓不渡り危険指標が逆転現象を見せるのは、世界3大格付け機関が8月末以降、韓国の国家信用格付けを一斉に引き上げたことと、日本の財政の健全性の問題が浮き彫りにされたことが複合的に作用したためとみられる。

ムー ディーズが8月末、韓国の国家信用格付けを、日本のような `Aa3"に高めたのに続き、9月にはピッチが日本(A +)よりも一段階高い `AA-"に格付けを上​​げスタンダード·アンド·プアーズ(S&P)は、日本(AA-)のすぐ下の段階である 'A +'で上方修正した。 格付け見通しはすべて `安定"(Stable)であった。

最近では、日本の財政の健全性の問題が深刻だという警告が相次いで不渡りリスク指標がなかなか落ちなかった。

日本の第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は、前年同期比-3.5で、昨年3月に東日本大震災以後、最大幅で減少した。

また、昨年、日本が31年ぶりに貿易赤字を見せたのに続き、今年も赤字行進を継続すると見込まれている。 これまで経常収支の黒字で財政赤字を埋めた貿易収支さえ赤字を見せると、問題はさらに深刻になったのだ。

韓国のCDSプレミアムが逆転現象が始まった先月12日、81.4bpで今月19日63.7bpに17.7bp低下する間、日本は83.0bpで72.2bpに10.8bp低下にとどまった。

日本が16日、国会を解散して衆議院選挙体制に突入するなど政治的混乱も重なり、当分の間、この国の信用力が大きく改善されることは容易ではないようだ。

国際金融センターユンイング研究員は "日本の財政赤字は急浮上した問題ではないので、短期間に解決できるものではない"とし、 "韓国CDSプレミアムが特別な要因に大きく上がらない限り、今の逆転現象はしばらく続くだろう"と話した。

コメント

(0)

コメントする