アイパッドミニ、ただ小さくなっただけだと?、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


アイパッドミニ、ただ小さくなっただけだと?

0

去る2012年11月2日、アップルのアイパッドミニWi-Fiモデルが国内で発売した。 韓国がアップルの新製品1次発売国に選ばれたのは今回が初めてだ。 この日、国内で最も大きいAppleの公式販売代理店であるフリスビー明洞店は前日の夜から待機者が登場してくれるの西暦始め、発売日の朝には250人余りの人波が殺到した。 加えて、コンシェルジェたデジョム、このショップコエックス2点、ウィリス蚕室(チャムシル)店の前で人波は殺到して約500人の待機者が一晩中列をつくったことが分かった。 韓国が1次発売国に加えることによって、中国人、日本人などが並びに参加する異色の風景も演出された。

人気は爆発的だ。 発売から3日で世界中の300万台の販売を突破した。 去る3月、第3世代アイパッドWi-Fiモデルの発売当時、最初の週末で150万台の販売記録の2倍に相当する。 国内物量は最初のリリース以来、16GB、32GBモデルは品薄現象をもたらしており、64GB、一部の物量だけが残っている状態。 一緒に発売した第4世代のアイパッドと比較して性能は低いが、サイズが小さく持ち運びに便利な点が人気上昇の要因と分析されている。

これ国内発売以来、今まで直接3週間使って見て感じた点を加減なしに書いてみる。 既存のアイパッドでサイズだけが小さくなったことではないかという問いにこう答えてあげたい。 "サイズが小さくなったまさにその点がアイパッドミニの最大の長所"と。

時間が経つほど簡単になる初期登録

以前に、iPhone、iPadなどのアップルデバイスをすでに使用していた場合は、アイパッドミニ初期設定の方法があまり見慣れないだろう。 少しの(慣れながら決して慣れない)同期プロセスを踏むだけでされる。 特に、アップルはこれまでiOSを着実に更新し、同期プロセスをたくさん簡単に変えた。 過去には無条件iTunesをインストールしたPCに必ず接続して進行しなければだったが、アイパッドミニはそんな事はない。 PC用のプログラムをインストールするときに "次へ"ボタンを押すように数回の "次へ"のプロセスを踏むだけでされる。

まず、使用言語の中で "韓国語"を設定して、国または地域で "大韓民国"を選択すると、Wi-Fi接続ウィンドウが表示される。 接続Wi-Fiがあれば、そのまま次に進むことができますが、接続できない場合、iTunesをインストールしたPCに接続する必要が次の手順を継続することができますので参考にしよう。

Wi-Fiを接続した場合は、次の手順にすぐに移ることができる。 位置情報サービスを有効/無効にするを選択すると、子供のクラウド(iCloud)またはiTunes(iTunes)バックアップから復元することができますが、一度新しいアイパッドに設定しよう(後で変更できます)。 以来、アップルIDを登録し、利用規約に同意、子供クラウドを使用するかどうか、子供クラウドまたはコンピュータにバックアップ、私の子供パッドの検索に使用/非使用を設定すればよい。 次のステップは、子供のメッセージの設定なのに、アップルの機器を使用している場合、既存に入力しておいたメールアドレスと電話番号と連動のですべてを選択して次に移り行けば良い。

最後に、シリーズを使用するかどうか、エラー報告(診断)送信するかどうかを経て登録を完了すると、すべてのプロセスは終わる。 初期登録の過程を終えた後、アイパッドのデフォルトの状態を確認することができる。 初期状態のまま使用しても構いませんが、一つずつアプリケーション(以下アプリ)を再ダウンロードしてインストールするには、なかなか面倒なことではない。 こういう時は、iTunesに接続して、既存のiPhoneまたはiPadのアプリやコンテンツなどを同期する方が良い。

iTunesを活用した同期処理

見た記者は、iPhone 4Sと1世代iPad(以下アイパッド1)を使用している。 アイパッド1は、持ち歩き使用する曖昧なサイズと重量のために、ほとんどの家で使用している。 ので、家にいる時間が多く、9歳の息子と母が主にアイパッド1を使って、iPad 1には、同期するアプリがほとんどない。 使えるアプリは、iPhone 4Sにもあるので、iPhoneの4SのアプリをiPadのミニに移し者の心に決めた。

一度、iTunesがインストールされてPCにiPhoneの4Sを接続した後、iTunesの装備ウィンドウでマウスの右ボタンをクリックして "購入したもの送信"をクリックして、その中には、iPhone 4Sで使用していたアプリをiTunesに移した。 この方法は、過去いくつかの記事でも紹介した方法だから参考にしよう


参考までに、ここでは、以前とは異なり、いくつかの中間過程を省略した方法を紹介したい。 過去には、使用中だったアップルの機器に保存したアプリをiTunesに移し、iTunesで再び移したいアップル機器にアプリケーションを同期過程を経た(参考記事で紹介した方法)。 この方法でも大丈夫ですが、 "バックアップから復元"のプロセスには、いくつ段階のプロセスを省略することができて便利だ。

iPhoneの4SのアプリをiTunesに移した後、先ほど登録プロセスを経たアイパッドミニをiTunesに接続すると、下のスクリーンショットのような画面を見ることができる。 ここで "新しいiPadとして設定"ではなく "次のバックアップからの復元"をクリックして、iTunesに一度でもバックアップしたアップル機器を選択し、 "次へ"ボタンを押してください。 簡単に言えば、iTunesにバックアップしておいたアップル機器の設定情報を新しいアップルの機器に同期することです。 単純設定情報のみを取得するものではなく、iTunesに保存したアプリと写真も持って来るので便利である。

"一部のアプリケーションの設定とデータがiPadと互換性がないため、復元できません。"という警告メッセージが出力されることがあります。 これは、iPhone専用アプリやコンテンツの場合、アイパッドにインストールされないことを意味だから心配しないで。 [続行]ボタンを押して、次のステップに進み、iTunesの上部に、各段階の表示が現れます。 アブ同期の準備化過程以降アプリと写真の同期が行われる。

このとき、接続しておいたアイパッドミニ画面を見ると、下の写真のようにアプリが一つずつ設置され、写真が引き続き追加されることを確認することができる。

ちなみに同期プロセスをどのようにハドンジ正解はないものだ。 既存のアップル機器に設定するつもりがなければ、最初から一つずつアプリを追加しても使用するのに問題はない。 むしろ、iPhoneに最適化されているアプリは、iPadと似合わないインストールされると消去した場合も多い。 重要なのは、ユーザー自身が簡単な方法を見つけていけばよい。

次の2部の記事では、同期プロセスを経たアイパッドミニの実際の使用期限について調べてみよう。

コメント

(0)

コメントする