三星vsアップル、アメリカ特許戦:D-24、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


三星vsアップル、アメリカ特許戦:D-24

0


サムスン電子とアップルが今月9日(現地時間)、12月6日、米国カリフォルニア州北部連邦地方裁判所の評決福不福法律心理(JMOL)を控えて、それぞれ最終入場を裁判所に伝達した。 サムスン電子は、裁判自体の意義申し立てをアップルは、サムスン電子の製品永久販売禁止を主張した。

11日(現地時間)、特許専門ブログフォースパテント(www.fosspatents.com)によると、サムスン電子とアップルは、去る8月24日(現地時間)、米国カリフォルニア州北部連邦地方裁判所の陪審員評決の最終立場を去る9日、裁判所に提出した。

フォー スパテントはサムスン電子は▲陪審員の評決手続きの問題による県裁判自体無効に▲バウンスバック特許(ラバーバンド特許、特許番号381)の米国特許庁の 無効決定等をアップルは▲三星(サムスン)電子のスマートフォン、タブレットPCの米国永久販売禁止などを、この文書に盛り込んだと伝えた。 サムスン電子は "防御"アップルは "攻撃"である。

<関連記事:Apple and Samsung submit final pleadings before crucial December 6 hearing>

去る8月24日、陪審員の評決は、アップルに有利な方向にした。 陪審員の評決要旨は▲アップルのデザイン特許983は有効である。 ▲三​​星(サムスン)電子は、意図的にアップルのデザイン特許を侵害した▲三星(サムスン)電子は、アップルの商用特許6件中5個を侵害した▲三星(サ ムスン)電子は、アップルの10億5000万ドル(1兆2000億ウォン)を賠償しなければならない▲アップルは、サムスン電子、通信標準特許を侵害して いない▲三星(サムスン)電子の特許のうち、有効なのは、UMTS標準関連だが、これを掲げることは権限の濫用である、などである。

サムスン電子の県裁判無効カードは今回の裁判の最も重要な問題だ。 米国の裁判は陪審員が重要な役割を果たしている。 陪審員の資格を慎重に計算する理由だ。 先入観を排除することに焦点を合わせる。 陪審員に問題があったと判明した場合、裁判自体を再生する。

今回の裁判で論難になる陪審員は陪審章イベルビンホーガンだ。 彼は三星(サムスン)電子と密接な関係があったシーゲートと訴訟で負け個人破産をした経験がある。 この事実を陪審員の選定過程で隠してきたため、問題になった。 "シーゲート訴訟→個人破産→シーゲートと関連会社に悪感情→サムスン電子、アップル訴訟先入観として作用"というシナリオで自由になれない。 事実をあらかじめ明らかにしたのに、陪審員に選ばれた面のことができない問題がくらましていたせいで、問題が複雑になった。 アップルはこれをあらかじめ知っても幇助したという疑惑もある。

カリフォルニア北部地裁もこの問題の深刻さを認識している。 担当判事は、来る12月6日JMOLでイベルビンホーガン陪審員長の事実隠蔽疑惑について検討することにした。

このカードは、司法手続きに関するので判決が覆るわけではない。 通とサムスン電子は、アップルの特許侵害の疑いに対する反論とその特許について証明する必要があるの出発点に戻ります。 陪審員が変わるだけで同じ評決が出る可能性もある。 それでも再度裁判をすることになる場合、過去の裁判で受け入れられていない証拠をリサイクルすることができる。 裁判戦略自体を再書けるようになる。 再度不利な判決が出ても期間を最大限に戻る先送りすることもできる。 特許回避などの新製品で代替案を見つける時間を稼ぐわけだ。

また、サムスン電子がアップルの特許のうち381特許を問題視したのは、Appleが去る2010年、サムスン電子に特許使用料交渉を提案するときにこれを立てたためとみられる。 アップルの提案は、Appleが複数の特許を打ち出しているが、彼ら自身も有効であると思うのは、この特許しかなかった論駁が可能である。 この特許が無効であれば、残りの特許が有効と侵害するかどうかを調べてみるとなる。

アップルの主張は、サムスン電子の息の根を罪に焦点が当てられている。 サムスン電子をこのまま取り返しのつかない被害が発生する可能性があるため、製品自体を販売禁止しなければならないというのだ。 アップルはずっと訴訟と販売禁止を連携してきた。 しかし、販売禁止仮処分申請は、カリフォルニア州北部地方裁判所では受け入れられたが、連邦巡回裁判所で覆った。 仮処分ではなく、本案に販売禁止を入れるのは仮処分でペメを挽回するための戦略だ。 本の中で販売禁止が出れば、本案控訴審の判決が出るまで、サムスン電子の米国販売は、足首が取れる。

残りの期間は、20日。 JMOLに傾く関心は、アップルよりサムスン電子の主張に重量が載った。 サムスン電子の主張は、既存の内容の転覆だが、Appleは既存のコンテンツの延長である。 サムスン電子に不利な予備判決を下した米国国際貿易委員会(ITC)にも影響を与えることができる。 グローバル特許訴訟の結果は、誰の手も入ってくれない方向だ。 アップルの手をあげてくれたアメリカがどのような結論を下すのか注目される。 

コメント

(0)

コメントする