モトローラコリア、来年2月に韓国撤退、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


モトローラコリア、来年2月に韓国撤退

0

"レーザー神話"がついに韓国市場でも崩れた。 モトローラコリア10日、韓国市場から撤退すると発表した。 スマートフォン時代の変化をよりは堪えきれずに撤退を決めたのだ。

モトローラの撤退で2年の間、国内では4つの携帯電話メーカーがドアを閉じるか、携帯電話事業を断念した。 国内メーカーのSKテルリンクとKTテック、海外メーカーであるHTCとモトローラなど国内外を問わない。 サムスン電子が独走する国内携帯電話市場の奇形的な構造が産業の多様性にも影響を与えるわけだ。

↑モトローラが韓国支社の撤退を決定した。 写真は米国モトローラ本社の様子。

◆レーザー神話の崩壊

モトローラは、事実上韓国企業というだけの国内市場での長年の歴史を誇る。 1967年に初めて韓国市場に入ってきたモトローラは、国内初の半導体工場を作り、ピッピのようなポケベル事業にも進出した。 国内の携帯電話を初めて紹介したのもモトローラだ。 1988年ダイナテックという携帯電話がモトローラを使用して初めて国内に入ってきた。

モトローラは2004年に発売した携帯電話のレーザーを使用して、全世界にレーザー熱風を起こすこともした。 当時、世界の携帯電話2位だったサムスン電子を抜いて一時2位まで上がったほどだ。 2005年上半期モトローラの携帯電話販売台数は6260万台で4900万台にとどまった三星(サムスン)電子を抜いた。 レーザーは、国内市場では、少し遅れて出てきたやはり大きな人気を得て、サムスン電子を脅した。

レーザーは全世界の販売量が2億台まで上がったが、モトローラの全盛期はそれまでだった。 以降、これといった新製品を出さず、スマートフォン、携帯電話市場が再編され、対応に失敗しました。 結局モトローラは、Googleに売却され、レーザーの神話は終わった。 Googleはモトローラ買収後の構造調整と組織改編などを断行したが、今回の韓国支社の撤退も同じ脈絡で出てきたのだ。

◆サムスン独走に国内外メーカーの両方追い出される

モトローラの韓国市場撤退はグーグル本社次元の決定だが、国内の携帯電話市場の奇形的な構造のためだという指摘もある。 モトローラコリアは昨年26億ウォンの営業利益を記録した。 規模は少ないが、着実に利益を出す会社だった。 昨年の売上高は2997億ウォンで、前年より小幅上昇した。

し た通信業界関係者は、 "モトローラがGoogleに買収され、スマートフォンの競争力が強化される段階であり、まだ国内でレーザーというブランドへの需要があったので十分に持 ちこたえることができる状況だった"とし、 "それでも撤退の決定を下したのは、それだけ国内携帯電話市場の将来が暗いと見たことがないかと思う "と話した。 モトローラ本社次元の難しさもあったが、国内の携帯電話市場の成長の可能性などを否定的に見たことも撤収決定に影響を与えたという指摘だ。

国内の携帯電話市場は、三星(サムスン)電子が70%程度の市場を占め、独走している。 今年第3四半期までサムスン電子は、国内のスマートフォン市場の65.5%、一般フィーチャーフォン市場の71.4%を占めている。 LG電子とパンテックが10%台のシェアに応じて行っているが、ほとんどの比較が不可能なレベルである。 収益性ではさらに大きな差がある。 サムスン電子は、携帯電話事業から第3四半期に5兆6300億ウォンの利益を出した。 LG電子は215億ウォンの営業利益にとどまり、パンテックは赤字を記録した。 LG電子とパンテックより国内市場シェアが低いメーカーは言うまでもない。

サムスン電子で国内携帯電話市場が傾いて、国内外の携帯電話メーカーの市場離脱も継続される。 SKテルリンクとKTテックのようなキャリアを背負っていた国内の携帯電話メーカーが撤退しており、台湾のHTCとモトローラのように海外ではどの程度の競争力を認められているスマートフォンメーカーも国内では持ちこたえることができなかった。 ノキアやリサーチ·イン·モーション(RIM)は、国内販売量がほとんどなく、事実上撤回した状態と変わらない。

通信業界では、このような不均衡が全体の携帯電話業界の生態系に悪影響を与えるものと見ている。 携帯電話に対する消費者の選択がもう一つあげるなり、それだけ中小協力会社やコンテンツ開発者たちも身動きの幅が狭くなったわけだ。 サムスン電子の目しか出る国内で携帯電話事業を行うことができない時代となっている。

中 小携帯電話部品メーカーの関係者は "中核部品ではなく、汎用の部品を作る中小協力会社は、いつもパートナーか​​ら除外される可能性がある恐れを抱いている"とし、 "サムスンパートナーか​​ら除外されると、事実上、工場のドアを閉じる必要がありので、少し不利な要求があっても、できるだけ合わせてくれるのが現実 "と述べた。

コメント

(0)

コメントする