韓国銀行、4ヶ月ぶりに金14tを追加買い取り、金の保有額は37億6000万ドル、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


韓国銀行、4ヶ月ぶりに金14tを追加買い取り、金の保有額は37億6000万ドル

0

11月の外貨準備高3260.9億ドル... 4カ月 "史上最高"

韓国銀行が4ヶ月ぶりに金14tを追加で買い入れ、金の比重を増やした。 外貨準備高は、四ヶ月連続で過去最高記録を塗り替えた。

韓国銀行が5日発表した2012年11月末現在の外貨準備高 "によると、先月の金14tを追加で買い入れて金保有量が84.4tに増えた。 金の保有額は37億6000万ドルで、1ヶ月の間の7億8000万ドル増えた。

韓銀は1998年4月以来、13年ぶりの昨年6〜7月の金25tを購入したのに続き、11月にも15tを追加購入しました。 今年は7月に16tを購入したのに続き、二番目に金の買い取りに乗り出した。 これにより、外貨準備高で金が占める割合は10月末0.9%で、11月末1.2%で0.3%ポイント増加した。

韓銀は今回の金の買い取りにワールドゴールドカウンシル(WGC)で発表する世界中の中央銀行の金保有ランキングが40位から36位で、4段階上昇すると推定した。

国際金価格は今年2月末オンス当たり1787ドルまで上昇したが下降線を見せ5月1536ドルまで下落した。 下半期に入ってから再び上昇を見せ、10月に1780ドルまで上昇したが、最近では1700ドル前半で取引されている。 韓銀が金を購入した11月の平均金価格は1723ドルだ。

イ ジョン外資運用ウォン運用戦略チーム長は、 "金の買い取りは、外貨準備高の運用面での投資の多様化の効果で、外貨準備高全体の投資リスクを改善させる効果がある"とし、 "金は実物安全資産として国際金融環境の変化に効果的に対応することがており、外貨準備高の安全弁としての信頼性が高まる "と明らかにした。

一方、11月の末、韓国の外貨準備高は3260億9000万ドルで、1ヵ月前より26億3000万ドル増加した。 外貨準備高は今年5月、小幅に減少した後、6月から六月連続で増加した。 特に去る7月、史上最高値を更新した後、4カ月最高記録を塗り替えた。

先月、外貨準備高が増えたのは外貨資産運用収益が増加したことによるものだ。 国債と政府機関債、国際機関まま、金融債、資産担保証券(MBS)などの有価証券は、2990億3000万ドル(91.7%)で前月比24億7000万ドル増加した。

一方、預金は170億ドル(5.2%)で6億9000万ドル減少し、国際通貨基金の特別引出権(SDR)も1000万ドル減の35億2000万ドル(1.1%)と集計された。 IMF加盟国が出資払込みに保有することになる交換性通貨を頻繁に引き出すことができる権利であるIMFポジションは8000万ドル増の27億8000万ドル(0.9%)となった。

一方、去る10月末を基準に、韓国の外貨準備高の規模は、中国(3兆2851億ドル)、日本(1兆2742億ドル)、ロシア(5268億ドル)、スイス(5216億ドル)、台湾(3992億ドル)、ブラジル(3778億ドル)に次いで7位の水準だ

コメント

(0)

コメントする