国内のスマートフォン市場、中国が迫ってくる、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


国内のスマートフォン市場、中国が迫ってくる

0

モトローラ、ノキア、ソニーモバイルは、国内のスマートフォン市場で手振って出たが、その場の代わりをする新興強豪たちが集まってくる。 レノボ、ZTE社、Huawei社。 まさに中国のスマートフォン、タブレットPCメーカーだ。 急成長している彼らが低価格を武器に韓国市場を攻略する準備を急いでいる。

最も注目すべき会社はレノボだ。 レノボは、すでに中国市場でアップルを抜いてサムスン電子の席を狙っている。 去る11月29日、ウォールストリート·ジャーナル(WSJ)は、中国市場でのレノボのスマートフォン販売量が急増し、iPhoneの販売量の2倍を記録し、現在1位の三星(サムスン)電子の位置を脅かしていると伝えた。 中国は第3四半期だけ3,850万台のスマートフォンが販売された世界最大の市場である。 IT市場調査会社IDCも、第3四半期のスマート機器の販売量が増加した企業はサムスン電子、アップル、レノボだけだと、レノボの底力を高く評価した。

レノボは、これらの底力を土台に、最近の国内の携帯電話市場への進出を宣言した。 去る2012年12月11日、韓国レノボガンヨンナム代表は "韓国スマートフォン市場に進出するために市場調査を進めており、移動通信社と協議を進行中"と明らかにした。

他の中国のスマートフォンメーカーとは異なり、レノボは流通網、A / S網も強固である。 2005年韓国レノボを設立した後、直接A / Sセンターを運営している。 製品も甘く見られない。 連続通話時間が29時間に及ぶAndroidスマートフォン "アイデアフォンP770"、オプティマスGに次ぐ性能を備えた "アイデアフォンK2"などが高い評価を受けた。 インテルもレノボと手を取り合ってAtomプロセッサを搭載したスマートフォン "K800"を作った。

最も積極的な会社は、ZTEだ。 ZTEは昨年11月にオープンマーケットを通じ普及デュアルコアスマートフォン "ジェットフォン"の販売を開始した。 実売も23万9,000円で安くて、自給剤用スマートフォンと携帯電話会社もSKテレコム、KTの中選ぶことができる。 現在、これらの特長を生かして、一日80台ずつ販売されていることが分かった。 国内スマートメーカーに比べると微弱ですが、流通網が少なくマーケティングがほとんど行われていない点を勘案すれば、それなりの意味のある成績だ。

ジェットフォンの販売台数に促されたZTEは低クアッドコアのスマートフォンもすぐに販売する計画で、来年にはLTEスマートフォンも発売する予定だ。

ZTEの成長も勢いを増す。 市場調査会社ストラテジーアナリティックス(以下SA)は、ZTEが世界の第3四半期のスマートフォン市場で3.7%を占めて8位に上がった明らかにした。 シェアが5%未満のノキア、RIM、HTCと別段違わない。 販売量が堅調である点を勘案すれば、来年には前の3社を上回る可能性が高い。 最近では、フルHD(1,920 x1、080)のディスプレイを搭載したスマートフォン "ヌビアN5"を披露して自社の技術力を誇示することもした。

Huawei社もタブレットPCを発売し、国内市場に一歩かけた。 Huawei社は10インチのタブレットPC "メディアパッド10 'を国内で発売すると発表した。 メディアパッド10はフルHDディスプレイ、高性能デュアルコアプロセッサ、Androidオペレーティングシステム4.0(アイスクリームサンドイッチ)などを内蔵した。 価格はまだ未定や、かなり安い価格で発売すると伝えられた。 製品A / Sは、A / S代理店 "トゥヴァ(TUVA)"が務める。

ただし、スマートフォン市場への進出にはまだ消極的だ。 Huawei社ジョンミギョン課長は "まだスマートフォンを発表に関して決定されたのは何もない"と述べ、 "しばらくはタブレットPCに集中する"と伝えた。 流通網とA / S網をより強固にした後、スマートフォン市場に進出しようとするものとみられる。

Huawei社も注目すべき会社だ。 SAの報告書によると、Huawei社は、世界中の第3四半期のスマートフォン市場で4.7%を占めて3位を占めた。 サムスン電子、アップルの直後だ。 少し前にサイズ6.1インチとフルHDの解像度を備えたパッケージタブレット(Phablet)をお目見えして 'ギャラクシーノート'を追い付くと言っ自信を持った。 フィンランドのR&Dセンターを設立するなどの投資も積極的にしている。

一方、前の三社より静かに、しかし、今年3月には、子供遊ぶエレクトロニクスは、低タブレットPCノボ7を前面に出して国内に進出した。

コメント

(0)

コメントする