今年ウォン·ドル為替レート1,000ウォン崩壊の可能性、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


今年ウォン·ドル為替レート1,000ウォン崩壊の可能性

0

ウォンドル今年の平均1,050円前後、円ドル83〜90円の見通し

今年はウォン高が持続してウォン·ドル為替レートが平均ドル= 1050ウォン前後に落ち込むとみられる。

一部では、1,000ウォン台崩壊の可能性まで提起されている。

すでに急騰に乗っている円·ドル為替レートは1ドル=年平均83〜90円程度の見通しが出たが、上方修正されるものと見られる。

金融投資業界は3日にこうした見通しが輸出業種に悪材料になることがありますが、全般的には、外国人資金流入を増やし、内需業種の試合を引き上げることができ、肯定的という意見を示した。

三星証券は、今年ウォン·ドル為替レートが上半期は1ドル= 1050ウォンを突破し降り1,030円程度まで下落したが、年末には1,050円の水準を回復すると予想した。

この証券会社のホジンウク研究員は "今年は昨年に引き続きウォンなど新興国通貨の上昇が続くだろう"としながら "特に前半は、米国の財政崖の不確実性の緩和と米国と日本の量的緩和などで1,030円まで下がるだろう"と予想した。

KDB大宇証券は、今年の上半期末にウォン·ドル為替レートが1,060ウォン、年末に1,050円まで下落すると予測したが、為替レートの変動幅が予想よりも大きくなることがとしながら見通し下方修正を検討している。

SC銀行は国内金融投資機関より一歩一歩進んでウォン·ドル為替レートが1,035ウォンまで上がると予想した。

資本市場研究院は、年内1,000ウォン線が破損することがあると展望した。

資本市場研究スンホ研究委員は、 "経常収支が黒字であり、世界的量的緩和基調が維持されれば、株式や債券の資金が入ってくることは確実だ"としながら "この場合、需給次元での為替レートはさらに下落して1,000ウォン線下に降りることができる "と説明した。

キウム証券は、年率1,050円、年末1,020円、新韓金融投資は近いうちに修正を前提に、年平均1,070ウォン、年末1,050円の見通しを出した。 ウリ投資証券は1,040〜1,090ウォン、大信証券は、年率1,062円、ハナ大韓投資証券は1,040〜1,140ウォンにそれぞれ予測した。

民間研究所も似ていた。 LG経済研究所と韓国金融研究院は、それぞれ年平均1,050ウォン、現代経済研究所は1060円、私たち金融経営研究所は、年平均1,050ウォン、年末1,020円を展望値でそれぞれ提示した。

円·ドル相場は年初急激な下落に出発しているが、安と高を後押しする要因が共存しており、予測が容易ではない、全般的に年平均83〜90円を表すものと専門家たちは見ている。

我々は金融経営研究所が年平均90円、年末94円で最も高く展望し、サムスン証券は年末90円、キウム証券は年末87円、最高90円、ウリ投資証券は82〜90円、SC銀行は87円、新韓金融投資とKDB大宇証券は、それぞれ年末85円を提示した。

LG経済研究所は、年平均85円、大信証券は、年率83.2円、ハナ大韓投資証券は83円で、それぞれ予想した。

ウォン高と円安については、輸出競争力の低下懸念にもかかわらず、比較的肯定的な分析が多かった。

我々は金融経営研究所イムイルソプ財務分析室長は "日本との競合度が高い輸出企業はウォン·円の為替レート連れて下落に難しいだろうが、1200ウォン台の為替レートは、2008年前に比べると依然として高い水準で輸出競争力の悪化は限定的だろう"と分析した。

キウム証券向き合う玉投資戦略チーム長は "ウォン高の流れが続くが、輸出は為替レートより世界的な需要に影響を受けるほど輸出の回復が損なわれる可能性は小さい"としながら為替レートの変数が株式市場では​​、外国人の買い傾向が続い入る要因と強調した。

イ·スンホ研究委員は "為替レートの急激な下落は輸出依存度が高い我々の経済に大きな好材料ではないが、企業がベルトを締め構造調整すれば、内需に重心が移っていくことができるきっかけになって、長期的な好材料になることができる"と診断した。

コメント

(0)

コメントする