トヨタ1年ぶりに1位を奪還し、円安に乗って世界车市場揺動、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


トヨタ1年ぶりに1位を奪還し、円安に乗って世界车市場揺動

0

新年に入って、世界の自動車市場に戦雲が漂っている。

東日本大震災で渡した1位を奪還したトヨタの水性とGMの先頭奪還の意志がかみ合って1、2位のメーカー間の火花競争が予想される。 5位に上がった現代·起亜自動車も競争関係にある日本企業が円安を武器に積極的なマーケティングを広げながらシェア争いに飛び込むように見える。

15日読売新聞とワシントンポストなどによると、トヨタはダイハツ工業、日野自動車を含めて、昨年970万台を販売し、世界1位の座を取り戻した。 販売量は、前年より22%増加し、併せて歴代最高を記録した。

↑HCD-14初公開

一方、GMは前年より2.9%増の929万台を販売し、1位の座をトヨタに譲った。 GMは77年間世界販売1位を固守している2008年から3年連続でトヨタに押された後、2011年の首脳をしばらく取り戻したが、1年ぶりに再び2位に後退した。 3位は昨年907万台を販売したフォルクスワーゲンが占めた。

トヨタアキオ最高経営責任者(CEO)は、再び訪れた王座を逃さないために勝負を投げた。 この日、米国で開幕したデトロイトモーターショーで初めて披露した小型セダンカローラプリアコンセプトカーは、派手に装飾したテールランプをはじめ、ユニークなスタイルが引き立って見えた。 ブルームバーグ通信は、 "これまでトヨタのモデルで見ることができなかったスタイル"としながら "プリアはトヨタCEOの戦略変更の信号弾"と評価した。

しかし、一部では日本が中国と尖閣列島(中国名釣魚島)をめぐり領土紛争を繰り広げており、中国内の販売が急減している点を勘案し、2013年にはGMが正常に再奪還するとの見通しも出ている。

為替レートの変数も無視できない。 日本の安倍政府の量的緩和で、いつの間にか88.905円で離れた円の価値は今後100円台まで下落するとの見通しが出ている。

一方、ウォン·ドル為替レートは、先週に1050ウォン台にのぼった。 これにより、日本の自動車メーカーが大地震とトヨタのリコール問題などの影響で、ほぼ脱した状況で円安効果で競争力を急速に回復している。

野村証券によると、トヨタの場合には·ドル為替レートが1円上昇すると、年間350億円の営業利益が発生することが分かった。 日本車メーカーはこのような為替差益をもとに、北米市場など世界各地で車両価格の引き下げやインセンティブの拡大戦略を使うことができる。 トヨタが現代·起亜車の主力車種であるエラントラはカローラ、ソナタはカムリ、サンタフェには、ラブ4など、同級の "ライバル車"を積極的に起用することもできる。

この場合、今年の内実経営を通じ、自動車適正価格受け取るに注力する現代·起亜車もじっとしているだけではなくなる。 業界関係者は "円安基調による為替差益で日本車業界は弾が生じる一方、我々は武器がなくなる正反対の現象が起こっていること"としながら "今年の現代·起亜車も日本車業界に対抗して国内だけでなく海外市場でも値下げポリシーを使うこともできる "と話した。

コメント

(0)

コメントする