日本人観光客激減·海外旅行は活気... 「為替コントラスト」、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


日本人観光客激減·海外旅行は活気... 「為替コントラスト」

0

来週アメリカに旅立つ大学生Amy Alberts](24)さんは最近の為替レートを表示するたびに笑顔が出てくる。 ドルの価値が継続墜落して思わぬ "ゴンドン"が起こるという考えからだ。 70万ウォン(約662ドル)を両替する計画だが、旅行を初めて計画していた6ヶ月前より6万3000ウォン(約60ドル)程度の利得を見たわけだ。

ソウル明洞で洋品店を運営するイジェヨン(仮名·52)氏はため息しか出てこない。 日本人、中国人観光客がぱったりと落ちながら、為替レート直撃弾を受けているからだ。

李さんは "日本人観光客の場合、最近になって4分の1が減った"とし、 "それさえも為替レートが良い時は、一度に20万〜30万ウォン分を買って行った観光客も、今はその額を大きく減らしている"と話した。

米国、日本などの先進国が量的緩和策をとりながら、ウォンの価値は急騰(ウォン相場は急騰)し、ドルや円の価値は墜落して業種に応じて明暗が分かれている。

21日のソウル外国為替市場でウォン·ドル為替レートは1062.9ウォンで取引を終えた。 前取引日より5.7ウォン上がったが、20011年末(1151.8ウォン)と比較すると100円近く下落した。 専門家たちは、為替レートが1050ウォン台を着実に脅威するものと見込んでいる。

円の下落傾向はさらに深刻だ。 日本の中央銀行が先月に続き二ヶ月連続量的緩和政策を維持することが知られ、円の墜落はしばらく続く見通しだ。 ウォン·円(100円の)為替レートは、2011年末1481.41ウォンで、この日の1186.52ウォン(韓国銀行告示基準)に300円近く落ち込んだ。

円の価値が落ちて日本人観光客が大幅に減少し、市場免税店、デパートホテルなど関連業界に赤信号が灯った。 実際、我が国を訪れた日本人観光客の数は、昨年11月に24万9000人余りで、前年同月に比べて24.8%減少した。

"為替レートの襲撃"に輸出でドル·円を稼ぐ中小企業は、このような製品を作って売っても利益がますます減って非常事態だ。 為替レートの下落ほど損するからだ。 中小企業中央会の調査によると、輸出中小企業の88.8%がウォンの価値上昇で輸出にマイナスの影響を受けていると明らかにした。

一方、海外旅行を準備する旅行者や旅行業者、原材料の輸入業者などは、座った席で、為替レートの上昇だけお金をもうけている。 最近旅行会社の株価が連日上昇の勢いを示したのも、こうした流れが反映されたのだ。 ハナツアーは昨年8月に4万3000ウォン台だった株価が6万5200ウォンまで上がった。 すべてのツアーも同期間1万9000ウォン線で3万650ウォンまで上がった。

原材料の輸入の割合が高い企業もますます利益が大きくなっている。 CJ第一製糖対象サムヤンサなどの食品メーカーは原材料の輸入額が輸出額より多いの為替レートが落ちるほどの純利益が増加している。 コリアンドリームを抱いて韓国に来た移住労働者も海外にいる家族に送るお金が増え楽しい状況である。

コメント

(0)

コメントする