円急騰の悪夢、中企は韓国ウォンに貸し出し転換心労焦燥、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


円急騰の悪夢、中企は韓国ウォンに貸し出し転換心労焦燥

0

900円台の円の融資...丸損失確定したいが、追加下落期待にもじもじ

ウォン·円の為替レートが最近急に落ちる円建て融資を受けた中小企業の社長たちの悩みが深まっている。

ウォン安に融資を受けた彼らは、最近円安に為替差益をみる過去900ウォン台に融資を受けた中小企業の社長は、ウォンの融資を見計らっている。 一時は為替レートが1,500円以上で急騰し気苦労が激しかった記憶のために為替レート下落とウォンの融資に乗り換え環損失を確定してたい円の為替レートの追加下落期待でさっさと決断を下すことができます。

市中銀行は、過去の中小企業が円の為替レート急騰に厳しくされた点を考慮し、円建て融資の原画ローン転換を誘導しようと優遇金利の適用などのサービスを出している。

◇中企ウォンの融資の切り替えの問題で苦心

私たちの銀行の京畿道のある支店長は24日、 "円建て融資を受ける顧客の方々からどのようにより落ちる為替レートを問い合わせする電話がたくさん来る"と "原画ローンへの切り替えを悩んに時期を見ているようだ"と伝えた。

円安が続き、円を借りた企業がウォンの融資に変える案を打診している。 円相場が反発する前に、環損失を固定して為替レートの悩みをなくしたいからだ。

円の為替レートが900ウォン台前後だった2008年以前に円を借りた人に2008〜2009年には暴騰 "トラウマ"がある。

金融監督院によると、国内銀行の円建て融資残高は2007年末の1兆3千104億円で、2008年末の1兆4千79億円で1年の間975億円増えた。 円レートが低く金利も安い企業が設備資金で円を選好したためだ。 中小メーカーだけでなく、医師も医療機器を導入されたり、病院を建てることに円を書いた。

しかし、2008年8月から上がった円の為替レートは、同年12月に1,600ウォン台に2倍の水準に急騰したせいで円貨貸し出しは "パニック状態"に陥った。 "円貨貸し出しの会"という団体を作って集団行動をした。

当時の金融当局は、円貨貸し出し償還期限を廃止し、借換の金利上昇を抑制した。 円相場も2009年下半期以降、下落のおかげで彼らは危機を辛うじて免れすることができました。

円貨貸し出しが最近の為替レートの下落をひたすら喜ばずにウォンの融資の切り替えを天秤にかけるのは、このような円急騰の悪夢からである。

した市中銀行が昨年10月に取引顧客を対象とした需要調査をみると、回答者の60%ほどが為替レート1,000〜1,100円の場合、ウォンの融資に変えると明らかにした。 調査当時の為替レートは、1,400ウォン台だった。

終値基準で去る11日以降相当の期間1100ウォン台を維持し、原画ローンへの切り替えの必要性が大きくなる様相だ。

◇銀行ウォンの融資の切り替え時の優遇サービス

市中銀行は中小企業がウォンの融資を円滑に変更できるように支援している。

ウリ銀行は去る3日、 "円建て融資員環の切り替え"サービスを発表した。 通話の切り替えオプション権なし円で融資を受けた中小企業が申請書と約定書を作成するだけでウォンの融資に切り替えられるようにしたサービスだ。 ウォンの融資に転換する中小企業への融資金利を最大1%ポイント優遇して中途償還手数料は免除してくれる。

企業銀行は、ウォン転換ローン "の商品を発売した。 既存の外貨貸出残高に限り1%の優遇金利を与えている。 他の銀行の外貨貸出を保有する企業もこの商品を利用することができる。 ただし、その女神の担保運用比率が80%以上であり、信用格付けがBB以上でなければならない。

新韓銀行は今月から円建て融資をウォンの融資に切り替えると、0.5%ポイントの金利を優遇してくれる。 ハナ銀行はウォンの融資に切り替えたとき中途償還手数料を受けない。

中小企業がこのような銀行サービスを利用した実績はまだ多くない。 追加下落の期待と貸出金利負担のためだ。 円建て融資の金利は、通常2〜3%であるの原画ローンに乗り換えれば4〜5%に上昇する。

ある都市銀行の関係者は "長期為替リスクを減らそうとウォンの融資に切り替えることが機会を企業に与えている"とし、 "為替レートが急に走れば円建て融資企業の状況が今よりも深刻になって銀行の立場で延滞率が高まり、健全性に害になる "と憂慮した。

この関係者は "為替レートがどのように動くられる本当に分からない"とし、 "いつ何が生じて円相場が急トィルジわからない点を考慮すると、この時点でウォンの融資に転換するのが正しい"と助言した。

円の価値はしばらく続く弱気を示すとの見方が大勢​​だが、最近になって反発した。

円相場は先月6日から今月18日まで10.7%陥り、1100ウォン台に下ったが、最近3営業日上がっ1,200線を回復した。

日本の中央銀行の通貨政策発表後偏りの反発心理に加え、外国為替当局の口頭介入からである。

パク·チェワン企画財政部長官は去る23日 "(外為変動緩和策の)対策は準備ができた"とし、 ""不確実性を最小化するという次元で変動性を減らすための努力を継続する。 賢明な政策を駆使する "と述べた。

日本の量的緩和政策について、 "短期浮揚には役立ちますが、国債の利子の上昇など複数のパスを経て、中長期的にコストを誘発することになるだろう"と異例の懸念を表明した。

私たちの贈り物ギムヨウンジョン研究員は "すでに円ㆍウォンの為替レートが調整局面に入ったうえ、当局も選択肢を出すとした"とし、 "1,250〜1,260円まで反騰してから変動幅が縮小されると、今月末で来月初めの間には、席を取るようだ"と観測した。

コメント

(0)

コメントする