量的緩和·円安空襲...今年の韓国経済「日本ショック」、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


量的緩和·円安空襲...今年の韓国経済「日本ショック」

0

昨年、韓国経済の対内外不安要因が今年もまだ継続されているうえ、今年は不安要因が増えたという懸念が盛られた報告書が出て注目される。 特に日本の安倍晋三(安倍晋三)政府の量的緩和政策と東アジア地域の覇権を確保するための不確実性など "日本の不安"の要因が追加されたというのだ。

韓国自動車産業研究所は25日、'2013国内外の経済不安要因分析報告書 "で、昨年、国内外の経済不安要因が今年も継続されることはもちろん、日本による不安要因が追加されたと分析した。

昨年の対内的な不安要因だった家計負債の拡大、不動産景気の低迷は今年も相変わらずすると展望した。 ここに原稿·円安の拡大と株式と債券市場を通じた企業の資金調達が大幅に低迷という点などを考慮すると、企業の資金事情が悪化するという不安要因が増えたと把握した。

対外不安要因も昨年の不安要因に選ばれた欧州の財政危機、米国ダブルディップ、為替紛争が、今年は欧州景気低迷の持続、米国の景気回復の遅れと財務の削減、為替レート紛争継続的に続いていると見た。

特に報告書は、日本政策の不確実性と原告·円安の拡大をそれぞれ対内·外の不安要因として新たに盛り込んだ。

日本政府が景気浮揚と東アジア地域の覇権を確保するために積極的に介入し、グローバル経済の不確実性が拡大しているということだ。 また、昨年9月以降、日本の銀行(BOJ)の資産買い入れプログラムの拡大、安倍政府のデフレ脱却と大規模な景気刺激策の発表などが円の価値急落の原因として作用していると指摘した。

実際には·ドル相場は昨年11月下旬以降上昇基調を示している。 昨年11月2日と12月27日にそれぞれ80円、85円台を突破した後、去る18日には90.07円まで記録した。

ウォン高が続く状況で円の急激な下落はウォン·円の為替レートの急落で帰結され、日本と競争関係にある国内輸出企業の打撃が避けられないと診断した。 一方、日韓輸出競合も(2011年基準)は、自動車0.91、鉄鋼0.72、船舶0.71だった。 1に近いほど輸出競争が激しいことを意味する。

コメント

(0)

コメントする