コスピ、朝鮮半島のリスク発生で下落。取引時間中2,390、経済、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


コスピ、朝鮮半島のリスク発生で下落。取引時間中2,390

0

コスピが22日、米国と北朝鮮の対立による朝鮮半島のリスクが再び浮き彫りにしましょう、力なく滑って2,390線の内外で動いている。

この日の午前9時50分現在のコスピは前日より14.75ポイント(0.61%)落ちた2,391.75を指している。

指数は全長より2.15ポイント(0.09%)下げた2,404.35でオープンした後、ボハプグォンで動くが、午前9時30分頃、北朝鮮利用号外相が「太平洋上で歴代級スソタン試験の可能性」に言及したというニュースが伝えられると、オハヒャン始めした。

一時2,387.39まで落ち、4営業日ぶりに荘重2,390線を空けることもした。

米国連邦準備制度(Fed・連銀)が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)定例会ので年内基準金利を追加引き上げの立場を維持しながら、金利引き上げ懸念が再び大きくなったこともマイナスの影響を与えた。

昨夜、米国ニューヨーク証券市場でもダウ・ジョーンズ30産業平均指数(-0.24%)、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数(-0.30%)、ナスダック指数(-0.52%)など主要指数がすべて閉じた。

有価証券市場で機関は二日目「運命」行進を続け、582億ウォン売り優位を見せており、外国人も382億ウォンを売り越している。

個人が一人868億ウォンを純買い入れしている。

業種別では、騰落が交錯している。

電気・電子(0.72%)、銀行(0.35%)、保険(0.35%)は上がっており、化学(-2.50%)、医薬品(-2.43%)、鉄鋼・金属(-3.35%)は、安が目立った。

時価総額上位与えるデジャンジュサムスン電子(0.87%)と2登州SKハイニックス(0.72%)が並んで三日目に上がって史上最高値行進を続けた。

新韓持株(0.97%)、KB金融(0.89%)、サムスン生命(0.43%)、現代モービス(0.46%)、SKテレコム(0.20%)も一緒に上がっている。

現代自動車(-0.71%)、POSCO(-3.79%)、LG化学(-4.24%)、サムスンバイオロジックス(-3.13%)は下落している。

コスダック指数は前取引日より8.54ポイント(1.29%)落ちた652.57を示している。

指数は前日より0.51ポイント(0.08%)下げた660.60で出発した後、下落の流れを継続して、一時640線で後退もした。

その他の関連記事

前の記事

iOS6.1、発表から一日でiPhoneの脱獄法公開

コメント

(0)

コメントする