2011年映画界のUP&DOWN、誰がいるのか、韓国エンターテイメント、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


2011年映画界のUP&DOWN、誰がいるのか

0


多事多難だった2011年の韓国映画界。 数多くの映画が浮かんれ、監督とスターたちも世間にオルネリミョ映画と運命を共にしたりした。 一年の最後の12月を目前にして決算した今年の映画祭。 一年の間に顕著な活躍を見せたこれらの、一方、悔しさ残る一年を送った人々が、果たして誰だろうか。

◆2011年UP!
2011年の映画界は、いわゆる"逆転の成功"というキーワードで整理することができそうだ。 大当たりへの期待せずにリリースした作品が100億台の予算が投入された大型ブロックバスターを上回る成績を出して、今年の映画界への反転をプレゼントした。

"サニー"のカンヒョンチョル監督は、逆転の中心に立った代表的人物だ。 2008年に800万人を遥かに越えた愉快な映画"スピードスキャンダル"で映画界に派手に入城したカン監督は、今年の"サニー"でソポモオジンクスを破るのに挑戦した。 往年の7姫のおばさんたちが過去を思い出すレトロな物語の大成功を予想した、これらは多くはなかった。 しかし、映画は、封切り後時間が経つほどますます熱い愛を受けて世代を一緒に共感を得た。 カンヒョンチョル監督は映画界で最も注目される若手監督として浮上した。

"サニー"と一緒に溌剌とした若い女優たちも一緒に注目された。 幼いナミ役シムウンギョン 、子供のポルノ役ガンソラ 、幼い樹脂役のミンヒョリンは、次世代の女優として注目をきちんととった。

今年最高興行作"最終兵器の弓"も、今年の反転興行作。 韓国産の100億台の映画4編が順に公開された今年の夏、一番最後に公開され、最大のソゴンウル収めて注目された。 "極楽島殺人事件"の成功は、"携帯電話"の興行失敗など、浮き沈みを経験したキムハンミン監督は"最終兵器弓"でアクションとサスペンスの調理の腕前を披露して話題の中心に立った。 興行とは別に、メルギブソンの映画"アポカルリプト"盗作論議がふくらんで、映画の話題性がより大きくなることもした。

主人公のパクヘイルは、アクション大作の理性的な人の主人公の面貌を遺憾なく発揮して真価を発表した。 観客と評論家は、 大鐘賞と青龍映画賞の主演男優賞をゴプもたらし熱演に応えた。

帰ってきた金基徳監督も欠かせない。 創作活動を中断して3年以上閉じこもっていた彼は、今年のカンヌ映画祭注目に値する視線部門に進出した問題作"アリラン"を発売し、世界的な監督の底力を再確認させた。 ゴプ"アーメン"を発売し、旺盛な創作力を誇示した。 弟子チョンジェホン監督が演出した"プンサンゲ"の製作者として、韓国映画界の厳しい指摘を惜しまない彼、今年は彼の存在感を再確認した年だった。

コンユ、ソンセビョク、ユアイン、イジェフンなど若い俳優たちの活躍ぶりも眩しかった。 コンユは"ルツボ"を導く物語の主人公であり、実際の映画が存在するまでに多大な功を立てたの主役に除隊後にスペースをきれいにシᆻオトダ。 ビジュアルで勝負するきざな花美男のイ​​メージも一緒に飛ばした。 秋のまた他の興行作"ワンドゥクイ"のユアインも同じだ。 小説の中の高校生ワンドゥクイガそのまま生きて出てきたように生き生きとキャラクターを描いて出したユアインは20代の俳優の代替と位置づけている。

別の20代の調査結果がある場合は、すぐに"番人"と"高地戦"という印象的なフィルモグラフィーを残したイジェフンです。 彼はこれらの作品で夫日映画賞、大鐘賞、映評賞、青龍映画賞の新人男優賞を総なめし、今年の発見と位置づけている。 にもかかわらず、所属事務所の対立で、多少の光が希望していた昨年ブームに続き、今年までに、"危険な挨拶'で興行力を誇示したソンセビョクも欠かすことのできない人物だ。



◆2011年のDOWN
2011年の映画界が明るく希望に満ちたニュースだけで一杯だったわけではなかった。 その場合には、これまで以上に大変な今年の一年を送らなければした人々も存在した。

代表的な人物が、かつて大韓民国新知識人と呼ばれ、脚光を浴びたシムヒョンレ監督だ。 "D - WAR"などを誕生させた韓国型SF映画の製作者兼監督と呼ばれた彼は、ヨングアートムービー廃業説・横領説など乱れて慌しいうわさに囲まれて、2011年を締め切る境遇に置かれた。 賃金の数十億を滞納したことで足りなくて横領、政官界の接待、ギャンブル、性上納、好みサポート、違法銃器改造して使用するなど、様々な疑惑が大量にあふれている。

昨年末に封切りして興行に失敗した"ラストゴッドファーザー"の特恵支援疑惑は、国政監査のまな板に上がったし、シム監督関連の疑惑が地上波告発番組の素材になるほど普及して非難に包まれたりした。 賃金未払いの疑いで在宅起訴された彼はまだ沈黙を守っている状態だ。 まだ調査している疑いが残った。

今年は、切歯腐心最後に出した新作の興行失敗で大変な時間を過ごさなければしていた中堅監督たちが目に留まった一ヘギもした。

今年の初め、旧正月を迎えてコミック戦争時代劇"平壌城"を出したイジュンイク監督は、映画が興行に失敗した場合、約束していた"商業映画監督引退宣言"を守ると言って、実際の現場の演出を退き、多くの映画人と映画ファンたちを残念にした。 近年のいくつかの作品が興行では期待以下の成績を収めたが、彼の映画の演出復帰を支持し、要求する声が依然として絶えない。 ほぼ同じ時期、映画"グローブ"を出したカンウソク監督も好評とは異なり、低調な興行で気苦労をした。

今年の夏の製作者として、2本の100億台のブロックバスターを出したユンジェギュン監督も劣らない精神的苦労をしなければならなかった。 精 魂を込めて製作した別の2本のアクション映画が、わずか2週間の間隔で封切りしながら、心をジョルヨヤし、韓国型3Dアクション超大作をリリースすると し、野心に充ちるように出した100億台の映画'7鉱区"は、大まかな勇気と技術的な達成にもかかわらずまま250だけがされていない興行成績と厳しい叱 責の中で幕を下す必要だった。 その陰に隠れてスピードアクションコメディで、損益分岐点を超えた"クイック"まで、しっかりとした光を受信して​​いない痛みを経験した。

デバクナンドラマ"シークレットガーデン"のスタントウーマンを越えて7鉱区"のアクション女戦士に扮したハジウォンも3年を準備した作品の残念な成績に物足りなさを隠すことができなかった。 彼女は来年の新作映画"コリア"で、反転を狙う。

秋には李ヒョンスン監督が久しぶりに出した"青い塩"の野心に充ちるようにお目見えだったが交錯する反応の中に静かに秋夕シーズンを終了した。 年初'追撃者'のナホンジン監督が出した100億大作"黄海"も、高い期待と話題性にもかかわらず残酷論議の中で期待した興行成績を出すのに失敗、遅れたカンヌ注目に値する視線部門招請で物足りなさを慰めた。 

コメント

(0)

コメントする