インフィニット、アンコールコンサート売り切れ、日本-ソウル公演まで「4連続ヒット」、韓国エンターテイメント、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


インフィニット、アンコールコンサート売り切れ、日本-ソウル公演まで「4連続ヒット」

0

グループインフィニットが、昨年9月に行われた日本初公演に続き、今年のソウル、日本、そしてアンコールコンサートまで4連続売り切れ記録を立てコンサート系の保証小切手で確かに位置づけた。

インフィニットが来る4月1日、ソウルオリンピック公園体操競技場で開催されるアンコールコンサート"Second Invasion - Evolution" 1万席をきれいに完売させ、もう一度のチケットパワーを誇示した。 これにより、インフィニットは "コンサート開催ごとに売り切れ"と異例の記録を打ち立てた。

特に28日午後8時にオープン前売りページには、瞬く間に15だけ人が接続してサーバーが遅くなる現象を起こした。

すでに昨年9月、日本初コンサート3回も完売したインフィニットは、今年2月11日と12日の両日開催された単独コンサートもチケットオープン10分で1万席すべて完売した。 続いて2月25日と26日、日本東京国際フォーラムで開かれた日本公演でもチケットオープン10分で1万5千席も売り切れさせてコンサート興行に加速度を付けた。

日本公演の時、1万5千人の観客に加えてチケットを手に入れることができなかったファンが会場外に大挙殺到している壮観な一方、公演後、日本では"音楽で勝負する真のアーティスト" "今まで多くの公演の中で最も印象的だった"など熱い呼応が起きている。

今回のアンコールコンサートも前売りオープン前からチケットを死守するためのファンの戦争で火花が散った。 ファンは "評価は気にしない。 どこでも入場することがさえあれば ""公演を見た観客たちは、是非譲ってくれ "という反応と共にプレイガイドごとに問い合わせ電話が殺到したという裏話だ。

公演を企画したCJ E&M音楽事業部門側では、 "体操競技場規模の完売は容易ではない証拠である。 さらにアンコールコンサートでこのような興行はもっと難しい。 パワフルな群舞もしっかりとした歌唱力を兼備したインフィニットが公演界の新星として進化している "と評価した。

一 方、来る4月1日に開催されるインフィニットアンコールコンサートは、 "Evolution"というサブタイトルのもと、初のコンサート "Second Invasion"の惜しかった部分を大幅に変更して舞台、音響、照明、特効など、より一層派手で壮大なアトラクションを予告している。 

コメント

(0)

コメントする