文化部「K-POP専用アリーナ公演会場建設」計画に着手、韓国エンターテイメント、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


文化部「K-POP専用アリーナ公演会場建設」計画に着手

0

文化体育観光部がK-POP専用会場建設に着手する。

文化体育観光部(以下文化部)は、来る29日放送会館でアレナヒョン会場建設の必要性と方向性と主な問題をチェックするセミナーを開催し、K-POP、会場の建設計画に入る。

文化部は"大衆音楽公演の市場は前年比74%増(年平均約40%増)など飛躍的な成長を記録しているにも国内で1万人以上を収容できる屋内公演施設は、 オリンピック公園体操競技場ただ1所 "と"体操競技場の年間稼働率はほぼ100%に迫るほどは公演企画社たちは代官のために待機したり、スケジュールを調整する必要があるなど、多くの不便を経験している "と脆弱な国内公演インフラを指摘した。




続いて "国内企画会社が海外のアリーナツアーをしているが、肝心の国内では、国内外のトップクラスのミュージシャンたちが存分に彼らの情熱と創造性を広げるには 舞台設置や音響、照明、設備などの制約が多く、高品質の大衆文化インフ​​ラが貧弱である"とK-POP会場の必要性を強調した。

文化部は "政府がK-POPのグローバル相と継続的な普及のための基盤を造成するために、名実ともに、会場のインフラを構築しようと、その最初の段階でアレナヒョン会場建設関連の問題と方向性について、音楽産業界と専門家など、様々な意見を集約する "と明らかにした。

文化部は、今後のK-POP、会場のインフラストラクチャと創作スタジオと練習室、韓国大衆音楽の歴史などを3D映像も含め、双方向的に体験できる複合文化空間として造成することで、韓流のランドマークとして造成する計画だ。

コメント

(0)

コメントする