慶尚道と全羅道、どっちがより人情が良いか、ゴシップニュース、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


慶尚道と全羅道、どっちがより人情が良いか

0

お金が多ければ良い酒場に行って洋酒させ何の心配があるのか​​丸める

貧しい学生の口に貼る会社員のポケットはいつもむき出しのものだ。

二人でおつまみ一つ、または基本おつまみにテーブルの上には酒瓶が増えていく

フレンドリーなおばさんのサービスおつまみがそう嬉しいことはできない。


慶尚道地域では、お酒を売る家を珍しく "シルビジプ"と呼ぶ。


シルビジプで焼酎1本を注文するとキムチやキュウリソバクイの基本的なおつまみが無料で出てくる。

おつまみは別に購入しなくても、その日の状況に出てくるの酒飲みたちに嬉しい家である。


慶尚道の中でも、統営には、独特の酒文化があるが、まさに "ダチジプ"というのだ。


ダチジプとお酒を注文するとおつまみが無料で出てくる酒場のにシルビジプと一見似ていますが、

酒代に安住の値が含まれておりダチジプごとに主人に応じてメニューが千差万別であり、

外地から来た流れ者の客と常連客の間でメニューが遠慮なく異なる出る。


ダチジプは、村人を対象にした顔商売だから常連により盛り沢山です。

隣のテーブルに何があり、私は酒の肴かという愚痴はここでは通じない。


統営の特異な酒文化であるダチジプの語源を置いて、いくつかの説があるのに

"立って飲む"という意味の日本語 "다찌ノミ"(居酒屋)から来たというのが有力で

おつまみがあれこれ "だい"でなまりのために "다찌"になった話もある。


ダチジプに行けば3〜4名様で5万ウォン、7万ウォン、10万ウォンのがあって選んで注文をするとされる。

5万ウォン上には焼酎とビールを混ぜて5兵科おつまみ、10万ウォン上には10本のお酒とおつまみが出てくる。

お酒1本を追加するたびに、おつまみ1つが再びによって出てくるメニューは完全に主人の心である。


おつまみは統営であるだけに海の幸を中心なのに、ナマコ、ホヤ、コマク、ワカメスープなどの基本的なおつまみから

回にゲチムのような高価な料理に至るまで、メニューに応じて、その種類と量がおびただしい。

もちろん値もネオヌンもレストラン主人が定めるので、お客様は完全に従わなければノイズがない。

慶尚道にシルビジプとダチジプがあれば、全羅道は全州マッコリ家がある。


前週に行けばよく見られるどぶろく路地は、最初にサムチョン洞で開始されて

前週後文集、井邑家、ギムジェジプ、変なレストランなどのマッコリ家が有名になっタトウナ

80〜90年代にビールの流行にに押され、大学街の片隅に押し出されたが

全州市がどぶろく路地を観光商品にするために広報活動を伸ばし

最近はソシン洞、敬遠洞、孝子洞までマッコリ家が生まれ、観光客のうわさが立っている。


マッコリ家に行ってマッコリを注文するとマッコリ3通が入る大きなポットが出てきて

マッコリだけさせればつまみの上いっぱいで従って、お酒とおつまみ、食事まで一度に解決される。



昔から全羅道は穀倉と米が好きだからお酒の文化が発達するしかなかった

余裕のある穀倉地域だったので、飲み屋でも飯屋でもおかずを惜しまなかった。


ターミナルのフードコートでご飯を注文してもおかずが30点を超えるには全州で

マッコリ家のおつまみが豊かでおいしいのは言わなくても当然のことだ。

最近はマッコリが韓流に乗って近い日本で流行することはもちろんであり、

遠くはニューヨークでも韓国料理食堂でマッコリを探しマニアが増えているというのに

そのためか、前週マッコリ家でも外国人を見ることが退屈なものだという。


今回の夏休み、ソウルを離れ、国内旅行をしようと心に決めたら

統営ダチジプと全州マッコリ家は後悔のない選択になるだろう。

写真出処:インターネット検索、中央日報、釜山日報、週間の傾向

コメント

(0)

コメントする