中国で「巨大UFO」キャッチ、当局の調査に着手、ゴシップニュース、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


中国で「巨大UFO」キャッチ、当局の調査に着手

0

〔中国人李某氏が8日午後ブーム硫酸で撮影したUFO(出典:東北ネット)〕

当局UFO頻繁出没地ポン硫酸"に注目、調査


中国黒龍江(黑龙江)省で未確認飛行物体(UFO)がカメラに非常に鮮明な状態に捕捉された。


今回撮られた未確認飛行物体は非常に大規模であるうえ、写真の状態も良く、これをもとに当局が調査に乗り出したとこの新聞は伝えた。


10日東北ネット(东北网)の報道によると、黒竜江省の武昌(五常)市に住む李恵(李慧)さんは去る8日、黒龍江省の東南部に位置し、鳳凰(凤凰)山に旅行に行き、この飛行体を発見した。


李氏は同日午後3時42分頃、友達と一緒に"空中ガーデン"という観光地で記念写真を撮った中の山に明るい光を出す巨大な楕円形の飛行物体が浮かんでいて、これをカメラに収めた。

 

この日UFOは非常に短い時間の間明らかになったが、すぐに消えたと李さんは証言した。


李さんは翌日の午前ブーム硫酸交番にUFOを撮影した当時の状況を報告した。 李氏のほか、これを一緒に目撃した10人余りの観光客が管轄の交番に報告した内容は、ほぼ一致したと新聞は伝えた。


交番側が地域の森林を管理するサンホ(山河)トゥーン林業局を介して、上級機関に報告した後、写真に撮られた物体が飛行体なのか、単なる自然現象であることを確認するための本格的な調査に着手した。 特に今回示された物体は、現在までに知られているUFOとはだいぶ違う形をしており、注目される。


一方、この新聞は、ポン硫酸で1994年にもUFOを目撃したという申告が受付されたことがあり、UFOの着陸跡の疑いがある地形が発見されたジョクドイたと語った。

コメント

(0)

コメントする