アップルのジョブズヨット、デザイン対価議論に仮差押の状態、ゴシップニュース、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


アップルのジョブズヨット、デザイン対価議論に仮差押の状態

0

昨年10月に死亡したアップルの共同創業者スティーブ·ジョブズがデザインしたことで知られるヨットがデザイン料の支払い問題で仮差押された状態であることが確認されたアメリカのマスコミが21日(現地時間)伝えた。

これによると、オランダ経済紙HFD(Het Financieele Dagblad)はこの日、このヨット "ビーナス号"を設計したフィリップ·スタルクが債権管理会社を雇って、このヨットが港を離れることなく、法律的な措置をしたと報道した。

ビーナス号はジョブズが死亡直前まで単純さと簡潔さを追求する "ミニマリズム"で有名なフランスの有名な工業デザイナーフィリップ·スタルクと共同でデザインし、10月末乾燥が仕上げされて進水式をした後、一般に公開された。

この進水式にはジョブズの妻ローレンと三人のお子さんが参加した。

アムステルダム港のスポークスマンはこれと関連しビーナス号が去る8日までの港にそのまま、法律的な問題が解決されるまで、港を離れることができないことを確認した。

このスポークスマンは、 "ヨットの権利を主張した側と(ジョブズの)相続人等双方の間に論議が提起された状態"と言いながら "しかし、この問題は近いうちに解決されるだろう"と述べた。

HTDはスタークがジョブズの相続人からのデザインと引き換えに600万ユーロ(約85億円)を支払ったがスタークは900万ユーロを受けなければならないと主張していると伝えた。

この船の建造費は1億500万ユーロで分かった。

コメント

(0)

コメントする