中国、アメリカ空母へ核ミサイル照準、国際、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


中国、アメリカ空母へ核ミサイル照準

0

核ミサイル "第2砲兵"も美41個洲射程

具体的根拠ない。米空母尖閣接近にバンバルガム表示であるように

中国が尖閣諸島(中国名·釣魚島)近隣海域に派遣されたアメリカの空母に核ミサイルを狙った中国のインターネット媒体の違いスィクワン(财迅网)が3日、報道した。

違い休んは具体的な情報源を明らかにしないまま、 "中国の原子力潜水艦が既に釣魚島に接近した米空母に核ミサイルを向ける状態"と主張した。

違い休んは、米国のジョージ·ワシントン号パンフレットが先月30日から尖閣周辺に接近し、他の核推進空母であるジョン·ステニスチラシが尖閣から少し離れた南シナ海上にあると聞いていると、中国の核弾頭が二空母をターゲットにしてと説明した。

続いて "釣魚島は中国の核心利益であり、人民解放軍は国家主権守護と領土保全のための鋼鉄のような城を築くこと"としながら "日本がいくら勝手にして、米国が干渉しても人民解放軍の釣魚島守護意志を崩さないだろう"と述べた。

それとともに "中国の原子力潜水艦が、アメリカの空母に核ミサイルを狙ったのは1996年の台湾危機当時、黄海(西海)で、中国の原子力潜水艦が誰も知らない、米空母を追跡し、監視していた状況と似ている"と付け加えた。

この媒体は、中国の核·ミサイル部隊である第2砲兵は、米国の41州を攻撃することができる能力を備えているともしもの事態が発生すれば、中国の原子力潜水艦が米空母を攻撃すると同時に、第2砲兵も射的を向けることができるともした。

このような報道は、米空母の尖閣接近の中国人の強い拒否感を示したと解釈される。

違いかすれは、米国が公式的には釣魚島紛争に `中立"としながらも、露骨な日本肩入れ歩みを続けてきていると指摘した。

媒体は80ここの戦闘機と普通打撃用のグループに誘導ミサイル巡洋艦、駆逐艦、潜水艦、補給船などを行った二つの空母が東シナ海に集まり、尖閣を狙って、日米両国軍が本奪還訓練をしたことを端的な事例で聞いた。

米国の管理が​​ともすると日米防衛条約に尖閣共同防衛が含まれると強調するためにも拒否感を示した。

違い休んは、米国の二空母が尖閣に集まり、数千人の米海兵隊が搭乗したボンホムリチャード艦などがフィリピン海に現れたのは明らかに中国を脅威する行動だと非難した。

続いて "米国こそ第二次世界大戦後戦犯国が略奪した領土を元所有国に返すように規定したカイロ宣言とポツダム宣言に違反してから、日本に沖縄と釣魚島を勝手に渡して国際法を破り、国際秩序を壊しトゥリョトダ"と書いた。

また、 "そんな米国の力をもとに敗戦国である日本が戦勝国である中国の領土を占めようとする欲を張ってきた"と主張した。

違い休んは "米国や日本などは去る1日、国慶節63周年を迎え、中国の共産党機関紙の人民日報と解放軍報に書いた国家主権と社会の安定守護の意志を注視しなければならない"と強調した。

こうした中、環球時報(环球时报)などは "米国が敏感な時期に空母を釣魚島に接近させて緊張を高めている"と反発した。 しかし、中国政府はまだ公式的な立場を出さずにいる。

コメント

(0)

コメントする