一触即発 「尖閣対立」第2日清戦争になるか?、国際、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


一触即発 「尖閣対立」第2日清戦争になるか?

0

"中国漁船数百隻が浙江省を出発し て、東シナ海尖閣諸島(中国名釣魚島)近隣海域に進入する。中国国家海洋局傘下のヘドロ前腕(韓国海洋警察庁)所属ヘドロ線(海洋監視船)と農務省所属語 上等(渔政船·漁業指導船)も保護を名目に漁船団を護衛する。日本の海上保安庁(韓国海洋警察庁)所属の巡視船が中国船を阻止しようと出動し、両国の船舶 が対峙する。この渦中に漁師を装った中国人民解放軍海軍陸戦(韓国海兵隊)の隊員が尖閣諸島に上陸する。そのすぐに、中国人民解放軍は待機中だった艦艇と 戦闘機などを動員して防御作戦を繰り広げる。日本の自衛隊は尖閣諸島を奪還しようと罠と航空機を集結する。米軍の支援を受け、自衛隊の空輸部隊を尖閣列島 に投入して、中国人民解放軍を殲滅する。 "





↑2011年7月、中国人民解放軍の艦艇が起動訓練を実施している。

日本の自衛隊が中国人民解放軍が尖閣諸島を占領した場合を想定して作成した奪還シナリオの一部だ。 中国と日本は尖閣列島の領有権をめぐり、本番と同じ状況で占領と奪還訓練を実施している。 中国人民解放軍南京軍区は8月10日釣魚島から北東に400km離れた騒動くれ(南日岛)付近の海域で海軍艦艇と空軍戦闘機を動員して島占領訓練を実施した。 海軍陸戦と揚陸艦もこの訓練に参加した。

広州、成都、最後の軍区でも9月3日に同時多発的に軍事訓練を実施した。 広州軍区は東シナ海沿岸地域で機械化歩兵師団、手袋旅団などを動員して、実戦訓練をした。 この訓練には、空軍と海軍も参加した。 成都軍区は防空旅団を中心に夜間実戦防空訓練を実施した。 去る軍区では、第2砲兵部隊がミサイルなどの長距離火力実弾射撃訓練を実施した。 釣魚島海域を担当する東海艦隊は9月16日艦艇、潜水艦、戦闘機、ヘリコプター、地上支援部隊などを大挙参加させた中模擬戦闘訓練をした。

中、釣魚島紛争地域化の目的





↑中国と日本が領土紛争を繰り広げる尖閣諸島。

日本の自衛隊は8月26日静岡県東富​​士演習場で史上初めて島の防衛を想定した陸·海·空軍の実弾射撃訓練を実施した。 自衛隊は、この訓練について "東シナ海での移動と準備態勢を強化するという防衛政策に合わせて実施したもの"と明らかにした。 この訓練に使用した実弾は44tで、歴代最大規模であった。 訓練を行っている間、海上自衛隊は哨戒機P-3Cの一台を情報収集のために発進させ、航空自衛隊も敵艦を攻撃することができるF-2戦闘機を出撃させた。 陸上自衛隊は、島に上陸する敵を攻撃しようとした地対艦ミサイルを動員したのはもちろん、最新鋭戦車砲撃訓練も実施した。

日本政府が9月11日、尖閣諸島5つの島の中で民間人が所有した3つの島を20億5000万円(約300億円)で買収して国有化すると、中国が強く反発した。 中国がビューに、日本政府の尖閣列島国有化措置は、領有権を確固たるものにしようとする意志の表現が明らかだからだ。 中国人民解放軍の機関紙 "解放軍報"は、日本の尖閣列島国有化が、第2次世界大戦後、中国に向けて最も露出した挑戦行為だと批判した。

中国政府は9月14日ヘドロ船6隻を尖閣領海(12カイリ)に進入させた。 中国は過去にも、日本との領有権紛争が発生するたびに、この海域に進入したが、ヘドロ船6隻は歴代最大規模だ。 日本の巡視船が無線で "日本の領海に入らないでください"と警告すると、中国のヘドロ線は "釣魚島は昔から中国の領土だ。パトロールしているだけ"と対応した。 ヒュー違反が終わるに応じて中国漁船1000尺度9月16日以降、この海域で操業している。 中国は今春、フィリピン、ベトナムと南シナ海の領有権紛争も漁船数百隻を紛争海域に送ったことがある。





↑200​​9年7月、日本の航空自衛隊F-15J戦闘機が沖縄上空を哨戒飛行している。

中·日国交正常化40周年

中国はこれに先立ち、9月10日、声明を通じて釣魚島の領海基線を宣言し、今後釣魚島海域で常時的な監視活動を行うことを明らかにした。 領海基線は、一国の領海を決定するベースラインである。 また、中国国家海洋局は9月11日、領海基点保護範囲の選定と画定と保護の方法を公布した。 リバオヅン国連駐在中国大使は9月14日、潘基文国連事務総長に、中国が宣言した釣魚島領海基線の座標との関連領海度を伝達した。

中国の意図は釣魚島が紛争海域であるという点を国際社会に浮上し、日本の実効支配を弱体化させようとする。 ウィズ龍前、中国ヘドロ前腕東海前腕部総大将は "釣魚島と付属島嶼の領海基線を宣言することで、領海の範囲が一層明確になった"とし、 "次の目標は、釣魚島を警備する日本の巡視船を退去措置する"と明らかにした。 彼はまた "両国の船舶同士ぶつかるなど小規模の衝突が生じる危険性も排除できない"と強調した。

中国と日本は今年、国交正常化40周年を迎える。 1972年9月29日、当時の田中角栄首相と周恩来中国首相は、両国の敵対関係を清算して平和友好条約締結のための交渉を行うことを約束する内容の共同声明に合意した。 そして1978年8月12日、平和友好条約を締結し、同年10月23日に正式に大使級外交関係を結んだ。





↑200​​9年11月、日本の海上自衛隊ギョンハンモ休暇号、米国海軍と合同訓練をしている。

1972年、田中首相は、中国北京で開かれた国交正常化交渉の際、周首相に "尖閣列島についてどう思うか"とし、日本の領土であることを認めることを圧迫した。 しかし、周総理は "今その問題を話すことは正しくない"とジクダプを避けた。 当時の日本の国力が中国を圧倒したにも中国は日本側の要求を拒否した。 領土問題に関する限り、日本に譲歩することができないというのが、中国が持つ一貫した意志であるからだ。 両国は当初、国交正常化40周年を迎え、盛大な記念行事を開く予定だったが、尖閣諸島の領有権紛争に武力衝突の危険性まで提起されるなど、両国の関係が最悪に至っている。

両国が対立する根本的な理由は、アジア·太平洋(以下、アジア太平洋)地域の "覇権"を占めようとする野心的なのである。 アジア経済大国であった日本は、これまで米国に次いで世界第2位の経済大国として国際社会で誇りを持った。 しかし、今は中国に次いで世界第3位となった。 "失われた20年"という言葉で代弁される経済の低迷を経験しながら、日本はアジア太平洋地域での影響力も相当部分を失った。 一方、中国は過去の日本の侵略された屈辱を覚えている。 経済大国にそびえ立った中国は、その恥辱を必ず返してやろうという意志がこれまで以上に強い。 中国は日本を抜いてアジア太平洋地域に強い影響力を発揮して、米国に対抗する盟主になるという野心を抱いている。 中国は軍事的にも日本を圧倒することができる電力を準備中だ。

中国が日本との関係で恥辱に記憶する代表的な事件が満州事変と日清戦争である。 中国人民解放軍の機関紙 "解放軍報"が9月13日付の1面に掲載した評論で、 "今日の中国は満州事変と日清戦争の時の中国ではない"と強調したのもこのような脈絡からだ。 満州事変は、1931年9月18日リュチャオーガスタ〒事件ではじめとする日本関東軍の満州(現在の中国東北地方)侵略戦争をいう。 当時の日本は、瀋陽(当時の名前は奉天)の近く類タウゴオで、自国の管轄だった満州鉄道を破壊し、これを中国の仕業だと裏返しかぶせた。 そういえは、鉄道の保護を口実に軍事行動を行って満州全域を占領した後傀儡国家である満州国を建てた。

日清戦争は、1894年6月から1895年4月まで清と日本が朝鮮の支配権をめぐり争った戦争である。 特に中国は、日清戦争中に行われた黄海海戦の惨敗を骨身にし覚えている。 黄海海戦は1894年9月17日、日本海軍の連合艦隊と清国北洋艦隊が鴨緑江河口付近の海上で繰り広げ戦闘で鴨緑江の戦いとも呼ばれる。 近代的な装甲艦を実戦に投入したこの戦闘で北洋艦隊は戦艦5隻を失ったが、連合艦隊は全く損失を被らなかった。 敗北した清海軍はこの戦いの後、制海権を喪失しており、勝利した日本は、日清戦争の主導権を握った。 日清戦争で敗北した清は、日本に遼東半島と台湾を渡した。 無人島だった尖閣諸島も日本が占めた。

現在、中国軍部では "日本との戦争も辞さない"という強硬な声が出ている。 休み違いホウ中国中央軍事委員会副主席は "国家主権と領土守護のために少しでも緊張を緩めず、軍事闘争の準備を徹底的にしなければならない"と強調した。 中国人民解放軍の長城10人公然と釣魚島奪還を主張した。 羅元の中国の軍事学会副秘書長(陸軍少将)は、 "釣魚島を軍事訓練区域とミサイル発射区域に含ませて島を奪還しなければならない"としながら戦争も辞さない意志を見せた。 中国人民解放軍の長城の武力使用の発言は、中国の共産党指導部の意志を反映したものと見ることができる。 王が周北京大学国際関係学院副院長は、 "中国は日本が手をつくまで、様々な措置を講ずること"と見通した。 蔵王大きくなった清華大学教授は、 "日本が釣魚島に自衛隊を配置する場合、中国も中国人民解放軍を派遣して釣魚島一帯で軍事訓練を実施すること"としながら "このような場合、両国間の衝突が避けられない"と分析した。

"両国間の武力衝突不可避"

その後、両国が海戦を繰り広げた場合、勝者は誰だろうか。 ジェームズホームズアメリカ海軍大学教授は、 "日本が勝つだろう"と予測した。 ホームズ教授は、外交専門誌 "フォーリン·ポリシ" 8月20日に寄稿した "日中海戦2012"というタイトルの文で "海軍戦闘力と運用能力、地理的条件などを総合的に分析した結果、両国が互角しかし、日本が優勢編 "と見通した。

外見上、海軍戦闘力は、日本の海上自衛隊に比べて、中国人民解放軍海軍がはるかに上回っている。 日本の海軍力はイージス駆逐艦をはじめとする水上戦闘艦48隻と潜水艦16隻などである。 一方、中国は水上戦闘艦73隻と一緒にミサイルを発射することができる哨戒艦と沿岸戦闘艦253隻、潜水艦63隻を保有している。 数字だけを見れば、中国が圧倒的だが、落とし穴性能を比較すると、日本が中国より優勢だ。 特に日本はギョンハンモ5隻を持っている。 1万5000t級上陸支援空母3隻、2万t級の対潜ヘリ空母2隻である。 対潜ヘリ空母は有事の際、垂直離着陸戦闘機10余機を運用することができる。 さらに、日本は22DDHという2万4000t級ギョンハンモ2隻を建造中だ。 人的資源の面でも、日本は独自の、あるいは連合訓練などを通じて能力を育ててきたが、中国は2009年、アデン湾の海賊退治合同作戦に参加したこと以外は事実上の実戦経験がない。

陸上戦闘力のサポートも無視できない要素だ。 両国は近距離に位置するほど地上火力が変数になることがあります。 中国は従来の弾道ミサイルと地対艦弾道ミサイル(ASBM)の優位性を示す。 中国はASBMで日本全域を打撃することができる。 一方、日本は対艦ミサイルをナンセイ制度など全面配置する場合、中国人民解放軍海軍の活動範囲を狭めることができる。 ナンセイ制度は、日本の九州の南から台湾東まで1300kmにわたって弓のように弧を描いて並ん2500個の島を総称する。 尖閣列島はナンセイ諸島に含まれる。

海軍力は、海軍の単独作戦だけで評価できない。 空軍力が海軍力にものすごい力を加えるためだ。 中国は爆撃機365台、戦闘機1100台、早期警報機13台を持っている。 日本は戦闘機360台、早期警報機17台を保有している。 日本の航空自衛隊の主力戦闘機はF-15Jです。 日本の防衛省は、最新のステルス戦闘機F-35を2016年までに4台持ち込んで、今後20年にわたって38台を追加導入する計画だ。 中国人民解放軍空軍の主力戦闘機はジェン(歼)-10(J-10)で、韓国空軍のF-16と対等な性能を備えていると評価される。 中国はまた、J-11とロシアから導入したSu-27、Su-30MKKを保有している。 中国は昨年初めから、次世代のステルス戦闘機J-20の開発を本格化している。 空軍力だけで見ると、中国が日本より優勢だが、戦闘機に装着する空対空ミサイルとレーダーをはじめ、電子機器は、日本が中国よりも性能面で上回っている。





↑2011年7月、中国フリゲート艦が対艦ミサイルを発射している。

日本は情勢が不利になる場合強大な軍事力を保有している米国に支援を受けることができる。 日米安保条約5条には "日米両国は、日本の行政力の下にある領土で、米国や日本に対する武力攻撃がある場合は、自国の憲法の規定及び手続に従って共同の危険に対処するように行動すること"という内容が入っている。 これに伴い、中国が尖閣諸島を攻撃する場合、米国と日本が共同防衛することができる。

量では、中国、質は日本が先

現在では中·日の海戦が行われる場合、中国が日本に敗れた蓋然性が高いが、中国が日本の海軍力を圧倒する秘蔵の武器を開発しているだけの時間が経てば、日本の勝利を確信しにくい見込みだ。 中国が持つ "切り札"は052D級イージス駆逐艦である。 052D級駆逐艦は052C級(ルヤンII)駆逐艦の改良型で、中国は2014年までに計10隻を建造する計画だ。 052C級は位相配列レーダーと対空ミサイルHHQ-9を垂直発射管(VLS)方式で搭載している。 位相配列レーダーを搭載した駆逐艦は敵の戦闘機を相手にする防空能力が優れている。 垂直発射管はデッキではなく、罠の内部空間に搭載したミサイルを垂直に発射する方式である。 もっと多くのミサイルを装着することができるという利点を持つ、現代的なコンセプトのミサイル発射システムだ。

中国は現在、052C級駆逐艦6隻を建造した。 052D級駆逐艦はアメリカ海軍の主力であるアーレイ·バーク級イージス駆逐艦と同様の性能を持っており、機動力を高めるために排水量が6000t程度であると推定される。 特に、中国人民解放軍海軍は今後イージス駆逐艦の護衛を受ける空母戦団3つを運用する計画だ。 中国は近い将来、ウクライナで導入したバリャグホを改造した初の空母を実戦配備する。 この空母には、ロシアSu-33戦闘機を改造したJ-15戦闘機を搭載する予定だ。 中国はまた、自主的に5万〜6万t級空母を2014年と2020年にそれぞれ建造する計画だ。 こうなると中国の海軍力は東シナ海はもちろん、南シナ海と西太平洋などで圧倒的な優位を見せるようになる。 太田福澪前、日本の防衛省情報局長(中将)は "中国の空母保有に最も打撃を受ける国は日本だ"と指摘した。 中国空母が尖閣周辺の海域で起動したら、日本の軍事的選択は限られているしかないからだ。

日清戦争の時、日本は朝日であり、中国は負けた年だった。 今は中国と日本の位相が逆転した。 第2日清戦争が勃発したら、その結果は、過去とは異なると思われる。

コメント

(0)

コメントする