日本原発沖でとれた魚公開、国際、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


日本原発沖でとれた魚公開

0

日本の原発沖で獲れた セシウムの魚の姿が海外のメディアを通じて公開された。

イギリスの日刊紙デイリーメールは21日、日本道教電力が福島第1原子力発電所(以下原発)沖で取ったと明らかにした放射性物質セシウムが検出された犬メバル写真を公開した。

公開された本メバルは何の外形変化を見せてはいなかったが、地域の科学者たちは、汚染魚が流出することを心配している。

↑セシウムの魚

これに対して東京電力は、汚染魚類の移動を防止するために、20km沖まで網で遮断するという方針を明らかにしている。

今回(昨年12月20日)に捕まった犬メバルは1kg当たり25万4000ベクレルのセシウムが検出された。 これは日本政府が定めた一般食品の基準値(1kg当たり100ベクレル)の2540倍だ。

同じ量のセシウムが検出された魚類1kgを摂取することになると、4ミリシーベルト(mSv)の内部被曝が発生することがあり、これは一般人の年間被ばく許容基準値(1ミリシーベルト)の4倍とする。

東京電力は、昨年10月にも一回調査結果を発表した。 同年8月に獲れジュウィノレミは1kg当たり2万5800ベクレルのセシウムが検出された。 これは、当時の魚類が取れたポイントが、原発から約20km以上離れたところだったからだという。

コメント

(0)

コメントする