ビヨンセ、米大統領就任式で国家熱唱、国際、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


ビヨンセ、米大統領就任式で国家熱唱

0

ビヨンセ(Beyoncé)をはじめとする米国のトップ歌手たちがバラク·オバマ(Barack Obama)米大統領の就任式の祭典の舞台に上がった。

21日(現地時間)、米国ワシントンDCキャピタルビルで開かれた第45代アメリカ大統領就任式には、80万人が殺到して歓声と拍手でオバマ2期発足を祝った。

この日ブラックロングドレスを優雅に着飾ったビヨンセは、米国の国家である "スタースパングルドバナー(The Star-Spangled Banner∙星が輝く旗)"を熱唱して現場を見守る人々に感動を伝えた。 ビヨンセは国家を歌った後、オバマ大統領と握手を、ミシェル·オバマ大統領夫人とは暖かい抱擁を交わした。

これに先立ちケリー·クラークソンは、 "マイ·カントリーティス·オブ·バンド(My Country" Tis of Thee∙自分の国の栄光の祖国) "を歌って祭りの雰囲気を盛り上げた。 世 界的なシンガーソングライタージェームズテイラー(James Taylor)は、ジョービドゥン(Joe Biden)副大統領とオバマ大統領の間で "アメリカよりビューティフル(America the Beautiful∙美しい国アメリカ)"をギター演奏と一緒にプレゼントして拍手喝采を受けた。

このほかにも、ケイティ·ペリー(Katy Perry)、アッシャー(Usher)、シンディ·ローパー(Cyndi Lauper)などが大統領就任式を祝ってステージを飾った。

また就任式で、オバマ大統領は "すべての人は平等である"というアメリカ独立宣言の一節を引用して "一つになった国は、一つの国民で難関を克服していこう"と力説した。

コメント

(0)

コメントする