トップスター小雪、韓国遠征出産なぜ?「日本で産後養生院事業しようと」、国際、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


トップスター小雪、韓国遠征出産なぜ?「日本で産後養生院事業しようと」

0

日本のトップスター小雪が韓国での遠征出産をした理由が明らかになった。

最近の日本現地の外信によると、松山ケンイチ - 小雪夫婦は韓国ソウルの産後調理員で次女を出産した。 夫である松山ケンイチは主演演劇の練習に真っ最中の中でも、休暇をとって妻の遠征出産のために韓国に同行した。

特に目を引くのは、小雪があえて日本ではなく韓国に来て遠征出産をしたという点だ。 日本の芸能界を代表するトップスターであるだけに容易ではない決定だったにもかかわらず、遠征出産をしたので、その理由に関心が注がれたもの。

これに関連し小雪遠征出産場所であるラマドレ産婦人科ハン·ヒョジュ院長は1月23日ニュースエンにその理由を説明した。

院長は "小雪さんが第二を出産した。自然分娩で出産した赤ちゃんが苦にならなくよく出てきた"とくちを切った。

続 いて院長は "小雪さんが日本で産後調理員事業をしたいたよ。韓国産後調理員が日本と違うその手続きや環境が良くて直接遠征出産をみたと聞いている"とし、 "また、実際に小雪さんが遠征出産をして私は後に日本で産後調理員をするという方が多く訪れて聞いてみる "と小雪遠征出産の理由を明らかにした。

院長は "日本には産婦人科自体がよくない。助産師が多いことを知っている。世界的にみても産婦人科産後調理員が我が国のようによくなっててよくしてくれるところがない"と付け加えて説明した。

その産婦人科では、最近の小雪のほかジョスビンアナウンサー、放送人ヒョニョンなども赤ちゃんを出産した。 これと関連し院長は "ジョスビンアナウンサーの場合には36時間陣痛をするなど大変出産した。しかし、最後まで自然分娩で最初の娘を抱いた"とし、 "ヒョニョンさんは性格がすごくいいだ。早い時間に元気な赤ちゃんを産んで嬉しかった"と言った。

一方、小雪は映画 "君はペット"、 "ラストサムライ"などを通じて韓国でもよく知られているワールドスターとして去る2011年、9歳年下の俳優·松山ケンイチと結婚した。

2012年最初の息子を出産した後、今回の遠征出産を介して第二の娘を抱える小雪は所属事務所を通じ、日本のマスコミに心境を伝えた。 小雪は "これから家族が4人だ。力を合わせて楽しい家庭を作りたい"と述べ、夫である松山ケンイチも "嬉しい言葉しか言いようがない。もう他の言葉が浮かばない"と述べた。

コメント

(0)

コメントする