3月1日から、バス停留所喫煙で罰金10万ウォン、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


3月1日から、バス停留所喫煙で罰金10万ウォン

0

3月1日から、ソウル市内のすべての中央車道のバス停でタバコを吸って摘発されれば10万ウォンの過料が課せられる。

ソウル市は3月1日から市の中心まで車でバス停339場所タバコを吸って摘発された人に10万ウォンの過怠料を賦課すると20日明らかにした。

市はこのために昨年12月のすべての中心まで車でバス停を禁煙区域に指定、啓発活動を行っている。

ただ路傍バス停留所は、取り締まりの対象から除外された。 路傍の停留所は、来年から2013年から禁煙区域に指定·運営される。

市はこれと共に、今年、自治区の管理の都市公園1910ヶ所、2014年に学校の浄化区1305場所、段階的に禁煙区域に指定する方針だ。

計画通りに進んだ場合、2014年にはソウル市の面積の約21%(128.4㎢)が禁煙区域に指定される。 これは汝矣島面積の15倍の水準だ。

キム·ギョンホ、ソウル市福祉健康室長は、 "受動喫煙から市民の健康を保護するために、禁煙区域をずっと広めること"と話した。

コメント

(0)

コメントする