年金宝くじ 「セールス·パワー」、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


年金宝くじ 「セールス·パワー」

0

毎月500万ウォンずつ20年間当選金を与える年金宝くじが導入されて8ヶ月ぶりに国内の宝くじ市場の地形が大きく変わったことが分かった。 生放送抽選で当選番号を決定する抽選を印刷宝く​​じの販売量は約30倍に増え、印刷宝くじ販売収益のうち、各種公益事業に使われる宝くじの資金調達額は84倍急増した。

19日年金宝くじ事業者である韓国連合宝くじによると、年金宝くじは昨年7〜12月(1〜26回)毎回630マンジャンシク1億6380万枚が発行された。 このうち1億6087万枚が売れて売り上げが98.2%を記録した。 特に3〜24回は発行量がすべて売り切れになる珍記録を立てた。

年金宝くじの発行前に売れた抽選印刷服圏ポップコーンは、昨年1〜6月(217〜​​242回)発行量1億1700万枚(毎回450万枚)のうち553万7897枚が売れて売り上げが4.7%にとどまった。 6ヶ月間の販売量を比較すると、年金の宝くじがポップコーンよりも29倍よく売れるだろう。 これにより、売上高も増えた。 下半期の年金宝くじ販売額は1710億8300万ウォンで上半期ポップコーン販売額(85億7600万ウォン)の20倍に達した。

年金宝くじは、国内の宝くじ市場の絶対的な強者であるロト(オンライン宝くじ)の販売にも影響を与えたと分析された。 分かち合いロトによると、昨年上半期ロト販売額は1兆3194億ウォンから下半期1兆4589億ウォンで10.6%増加した。 共有ロト関係者は "昨年下半期に年金くじ完売が続き、年金宝くじを贈る予定だった人々の代わりに宝くじを購入するための代替需要が発生して販売量の増大に一定の影響を与えたと思われる。"と語った。

年金宝くじの販売収益が増え、抽選印刷宝くじの宝くじ基金助成額も大きく増加した。 ポップコーンは、昨年上半期の売上高のうち、4億ウォンを宝くじ基金に提出した。 資金調達率が4.2%に過ぎなかった。

一方、年金宝くじに切り替えた後半には、全体の売上高の17.7%である302億ウォンが宝くじ基金に帰属された。 ポップコーン時代宝くじ基金助成額の84.4倍に達する。 同じ期間ロトの宝くじ基金造成率は上半期42.3%(5581億ウォン)で、下半期42.4%(6182億ウォン)に変化がほとんどなかった。 宝くじ基金は、国の宝くじ事業運営や公益事業、法定配分事業に使われる。

コメント

(0)

コメントする