日本のオンラインで 「韓国にいくと騙される」とインターネットに悪評、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


日本のオンラインで 「韓国にいくと騙される」とインターネットに悪評

0

日本人の観光客千葉充(34)を困惑させたのは、値札がない店である。 ガイドブックで、 "ソウルの名物"という評価を見て、市場を尋ねたが、予定され買い物をできなかった。 外国人として、価格表なく​​言葉だけで呼ぶ駆け引きする余裕がなかった。 彼は、 "市場の活気ある風景は良かったが、実際に物を買うことが怖かった"と話した。

旅行会社のコリアツアーギムソクファン理事は "特に日本人観光客たちが市場でひょうたんを書くことが多すぎて、"免税店やスーパー に行きなさいと言う"と話した。


"市場では10倍以上のひょうたんスイオニ価格表を持っているスーパーを利用してください。" 日本最大のポータルサイト "ヤフージャパン"の旅行情報欄にこんな内容があります。 "韓国を旅行するときに最も注意すべき点は何か"という項目に対するネチズンたちの答えです。

このような主張も増えている。 "露店でアイテムを購入していないこと。100%ぼったくり"と思うこと。 " "価格が書かれている献立を確認して、写真を撮ること、領収書を要求すること。" "A地域·B地域ショッピングモールは、価格正札制を実施していないこと。価格正札制を運営しているCの塔に行って下さい。" "ブランド偽物を売る所にアクセスしてはいけない。偽物は住んでいる人も処罰されるので運が悪いと警察に連行されることもある"。 ソウルの一市場周辺の屋台で外国人観光客に2〜3倍の料金を請求するという本紙の報道直後には、 "C市場でのお食事をすると、ホテルレベルのお金を出すことができますので気をつけてください"という注意も上がってきた。

ソウルのタクシーはまだ恐怖の対象だ。 一旅行専門のブロガーは、 "ヤフージャパン"に "韓国明洞のホテルの近くで観光客4人が夜にタクシーに乗った。メーターにタクシー3万ウォンが記録されたが、タクシー運転手が一人あたり3万ウォン出せた"と書いている。

日本人観光客中田トオル(41)氏は、 "空港からタクシーに乗った運転手がメーターをしないオンにして"キョダルラ "と要求したことがある"とし、 "タクシーに乗ったとき、メータの動作する​​かどうかを監視するのは、韓国旅行の常識"と話した。 "ヤフージャパン"の旅行欄には "韓国のタクシーはたくさん回って行く気をつけろ" "料金が1万円出てきた1万円(14万ウォン)だと主張している場合がある"という主張も掲載されています。

このような評価は、日本国内で "反韓(反韩)"気流と相まって、怪談レベルの課長にまで広がっている。 した韓国旅行専門のブログには "Gのある有名なスパには、周辺売春街関係者がたくさん来るので、性感染症(サミョンバルが·オム)が感染する可能性が高い"という内容が出ている。 また、 "最も注意すべきことは、性暴行の午後6時以降には、女性旅行者は、外に通うことはできない" "レストランで日本人が食べる食べ物は、唾液、痰を入れることができる"という文もある。

コメント

(0)

コメントする