今週末の大型マート、75%が営業せず、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


今週末の大型マート、75%が営業せず

0

今週末全国大型マート370個の中で279個の店舗が休業。 全体の75%に該当する規模だ。

21日関連業界によれば6月四番目週末(23・24日)全国にあるイーマート、ホームプラス、ロッテマートなど大型マート3社の279個が休業。

イーマートは145個の店舗の中で105個の店舗が今週末休業。 ホームプラスは129個の中で111個、ロッテマートは96個の店舗の中で72個の店舗が休業。

曜日別には土曜日(23日) 9個、日曜日(24日)は270個が門を閉める。 忠南(チュンナム)の瑞山(ソサン)、唐津(タンジン)、論山(ノンサン)と済州道(チェジュド)、西帰浦(ソギポ)の場合、第4週土曜日休業するようにしている。

今週末休業店舗数字は大型マート規制が本格的に施行された去る4月22日以後歴代最大規模だ。 4ヶ所中3ヶ所が休業するわけだ。

去る4月第4週に約30%(118個),5月第2週約40%(152個),5月第4週60%(215個),6月第2週72%(264個)に続き次第に広がっている。

企業型スーパーマーケット(SSM)の場合にも今週末ロッテスーパー(321個),ホームプラスエクスプレス(255個),GSスーパーマーケット(173個),イマトゥエブリデイ(73個)等全体1087ヶ所の中で75.6%である822ヶ所が門を閉める。 慶北(キョンブク)城主(星州)と慶南(キョンナム)咸陽(ハミャン)など一部地域の場合、平日に休業する所もある。

義務休業を適用される店舗数字が増えながら大型マートは売り上げ打撃が深刻な実情だ。 最近知識経済部が発表した資料によれば大型マートの5月売り上げは昨年同期に比べて5.7%減った。

一方、市場経営振興院が発表した資料によれば伝統市場の場合、大型マート規制以後11%ほど売り上げが増えた。

伝統市場・路地商圏活性化を目的に施行された規制であるだけに数字上では実効性が現れているわけだ。

ハ・ジマン大型マート規制は消費者の選択権を侵害して、消費沈滞、雇用減少などの副作用を産むという反対の声も出てきている。 その上強制休業規制対象から抜け出たハナロマートが大型マートの義務休業にともなう反射利益を取りまとめながら特典論議もある。

こうした中政界では大型マート強制休業を月4回に拡大しようとする規制を推進していて雑音が絶えることなく続く。

コメント

(0)

コメントする