ローコスト航空会社、「韓日戦」目の前に、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


ローコスト航空会社、「韓日戦」目の前に

0

驚くべき売り上げの伸びを見せて巡航していた国内のローコスト航空会社が乱気流に会うように見える。 アジアの大手航空会社が成長不振を挽回するために、今年の5つのローコスト航空会社を設立して運航を開始する予定だからだ。 一部の路線は、国内ローコストの航空会社と同じ路線に就航する。 特に日本のローコスト航空会社が積極的に韓国就航計画を発表している。 すでに最初の国際線路線の対象国を韓国に定め運航を始めたところもある。 国内ローコストの航空会社としては、競争が避けられない状況だ。





一番左から時計回りにジンエアー、チウェイハンゴン、済州航空、エア釜山。

運航距離の短い韓国-日本路線は"ゴールドライン"

日本のローコスト航空会社が韓半島上空を飛びたい理由は大き​​く二つある。 まず、地理上の利点が最も大きい。 ローコスト航空会社は運航距離が一定の水準を超えるほどの乗客が享受できる効用が減少する。 一般的な大手航空に比べて座席が狭くて提供されるサービスも限られているからだ。 業界によると、仁川空港を基準に見ると、ローコスト航空会社の利点を最もよく生かすことができる場合は、上海など、近い中国や日本を結ぶ路線を運航するときである。 運航時間は4時間以上に長くなる東南アジア路線からサービスや快適さで優位を持つ大手航空会社を選択する顧客が増える。 このような点で国際線でありながら、運航距離が短い韓国 - 日本路線は、ローコスト航空会社には "ゴールドライン"とされる。

二つ目は、国内に入って来る外国人のうち日本人の割合が最も高いという点だ。 韓国観光公社によると、昨年韓国に入国した外国人総数は850万人である。 その中に日本人が3百12万人で全体の入国外国人の37.1%を占めている。 19.1%を記録した中国人よりも二倍近く多い。 韓流熱風などによる観光目的の訪韓が多いという点も、日本でローコストの航空会社が韓国を魅力的な着陸地ここは部分である。 一般的に航空料金の需要弾力性は、ビジネスよりも観光目的でなら大きい。 ビジネス目的では航空運賃は、基本的に会社に支払う一方、観光は慈悲をだからです。 また、ビジネス旅行者は、移動中に仕事を見たり、休憩を取ろうとする欲求が強いのに対し、観光客は、可能な限り移動費用を惜しんで旅行中に消費したいと望むことが大きい。








今年、日本でローコストの航空会社の中で一番最初に韓国上空に進出したのは、ピーチ航空会社である。 ピーチ航空は、日本大手航空会社ANAが総出資額は150億円のうち、38%の株式を投資して設立したローコストの航空会社である。 去る3月関西と福岡を結ぶ国内路線を開港して初めての飛行を開始した。 開港後、日本国内の反応は熱かった。 就航したわずか1カ月ぶりに6万7千人を焼いて83%の高い搭乗率を記録した。 ピーチ営業チームガンギョンファ次長は "星の他の広告もなしクチコミや記事のみ得られた結果である。就航当時の日本での宣伝は爆発的だった"と伝えた。

感動したピーチは、初就航をしてから二ヶ月後の5月、すぐに国際線の運航を開始した。 最初の国際路線就航地選んだところがまさに仁川(インチョン)空港である。 仁川(インチョン)空港と日本の主要空港である関西空港を結ぶ路線を就航した。 関西空港は、大阪都心から40㎞離れた国際空港です。 ピーチ航空関係者は "仁川(インチョン)空港と関西空港を結ぶ路線は、まだ潜在的な旅行需要が多く、国際線で最も重要な路線だと見ることができる"と伝えた。








ピーチ航空"超低価格が答だ"

ピーチ航空は仁川​​(インチョン) - 関西を行き来する国際線路線を1日3本ずつ運航している。 国内ローコスト航空会社の中ではイースター航空と済州(チェジュ)航空が、仁川 - 関西路線を運航する。 特に、国内ローコスト航空会社の崔済州航空とピーチ航空間の競争が激しいと予想される。 しかし、済州航空は余裕のある姿である。 済州航空の関係者は "まだピーチが運航を始めたばかりならなかったので何と言う段階ではない。ただし、すべてのサービスに料金を策定する方式のピーチとの基本的なサービスは提供している我々は、需要者層が異なることがある"と伝えた。

単純に運賃価格だけを見ると、ピーチの航空会社が済州(チェジュ)航空より有利である。 オフシーズンには、5万ウォン、繁忙期には10万ウォンまでのピーチ航空運賃が安い。 しかし、単純に価格自体だけで両社を比較するには無理がある。 運営方法に違いがあるからだ。 ピーチ航空の運送料は、ローコスト航空会社の中でも低方に属する。 英国、超ローコスト航空会社ライアン航空がベンチマーキングした。 ライアン航空は、乗客に提供する一切のサービスを最小限に抑え、コストを削減した。 さらに座席の頭カバー、無料の雑誌を入れるポケット、窓を妨げるものまでなくした。 その代わりに運賃をローコストで下げた。 ライアン航空のマイケルオレリ会長はトイレ有料化、立席の導入など、コスト削減のための破格的なアイデアを出した。 また、 "ライアンの航空券を安くできない求めればバカだ"と強調し、価格に自信をのぞかせた。 しかし、飛行機に乗ること以外のすべてのサービスは有料で提供され返金は不可とする。

このようなライアン航空のモチーフにしたピーチ航空も料金を超ローコストで合わせて、最小限のサービスのみを提供しています。 払い戻しは不可能であり、多くの航空会社から無料で提供されている手荷物受託も別に料金を受けている。 座席指定もできません。 特定の座席を希望する場合、追加料金を払わなければならない。 たとえば、搭乗手続きをするときに空間が広いドア側席を必要とする場合も、追加料金が発生する。 ピーチ航空営業部ギムオゴル理事は、 "ピーチの航空会社はすべてのサービスを有料化してコストを削減した。これ、お客様が最小限のコストで最大限の安全な飛行を行うことができるようにすることを目的とする"と伝えた。

実際にピーチ航空は、新しい航空機を購入して運営するなど、安全性への投資は惜しまない様子だ。 一部のローコスト航空会社は中古機を購入、またはリースすることもある。 ピーチ航空で運行されている機種はエアバスA320である。 アメリカ運輸安全委員会(NTSB)の資料によると、エアバスA320の事故率(100万チャクリュクダン死亡事故件数)は0.12である。 他の大半の機種が0.5〜1の間に集中しているという点を勘案すると、そのモデルの安全性を計ることができる。

しかし、ピーチ航空の運営方式は、国内消費者に袋叩きに迎えた。 ピーチ航空営業部ガンギョンファ次長は、 "運航初期国内の消費者がインターネット上に上げるの不満投稿を見て驚いた。どうやら他の航空会社に比べて簡素なサービスを提供して払い戻しをしてくれないのが韓国情緒に慣れていなかったようだ"と伝えた。 ピーチ航空のベンチマーク対象であるライアン航空も同じ問題で非難を受けたことがある。 さらに車椅子の使用料を徴収し、英国障害者委員会の調査を受けた。 サービスについての議論は、超ローコスト航空会社としては避けるのが難しい部分である。 







今年設立された日本の低コスト航空会社の中で一番最初に韓国上空に進出したピーチ航空会社。 左下は、ピッチの航空乗務員たち。

済州航空"韓国式勝つ"

済州航空の運営方式は、ピーチ航空との違いがあります。 運賃は、ピーチ航空よりも高い方だが、別途料金なしで座席指定が可能で、機内食などの基本的なサービスも提供される。 済州航空の関係者は "我々は、超ローコストの航空会社とは異なり、多様な付加サービスを無料化し、韓国の情緒に合っローコスト航空会社で、市場に定着した"と伝えた。 実際に済州航空は、国内市場で常勝疾走している。 昨年、国内のローコスト航空会社の中で最初に売上高2千億ウォンを突破したし、就航初年度から昨年まで年平均85%の売上伸び率を見せた。 このように済州(チェジュ)航空が、 "韓国型ローコスト航空会社"としての地位を固めつつあるがひたすら安心はできない状況だ。 ピーチ航空運賃を下げることができる余地が生じたからだ。 ギムオゴルピーチ航空営業部取締役は "10月関西空港にローコスト航空会社専用ターミナルができれば1回の使用料が50万ウォンに達する飛行機曳航を使用する必要がないなど、さまざまな面でコスト削減効果を享受することができるものと期待される"とと伝えた。

一方、来る10月には日本ANAとエア·アジアが合作して設立されているエアアジアジャパンが韓国航路に進出するよ​​うに見える。 成田を起点にして釜山(プサン)、仁川(インチョン)を結ぶ路線に就航することが分かった。 国内ローコスト航空会社の中ではエア釜山が釜山(プサン) - 成田路線を運営しています。 エ ア釜山広報チームのある関係者は "釜山(プサン) - 成田路線は、昨年大地震の影響があったにもかかわらず平均70〜80%の搭乗率を示す人気ルートである。最近NHKと朝日新聞から直接エア釜山の運営方法 などについて取材をした。おそらく釜山 - 成田路線について事前学習をするために来たものとみられる "と伝えた。 エア釜山も韓国情緒に合わせてローコストの航空会社らしくない高度なサービスを提供します。 特に、暖かい食事や新聞を提供するサービスは、国内ローコスト航空会社の中でも独特である。

"お互いに需要異なり大きく打撃は受けない見通し"

日本の航空会社が出資したローコストの航空会社ジェットスタージャパンも2013年に韓国と日本を結ぶ路線を開設するものと見られる。 去る6月鈴木みゆきジェットスタージャパン社長は、日本で開かれた講演で、 "日本と韓国、中国、フィリピンを結ぶ国際線を来年に輪郭を描く"と明らかにした。 まだ具体的な路線や計画は決まっていませんが、成田空港と関西空港を拠点とすることが知られています。

日本と韓国の "ローコスト航空会社大田"は、どちらかの勝利を占っ難しい状況だ。 イー· トレード証券の航空分野のアナリストキム·ミンジの研究者は、 "超低価格戦略の日本のローコスト航空会社との基本的なサービスを提供し、すでに韓国情緒に合わせて安定的に定着した国内ローコスト航空会社は、それぞれの需 要が異なるとみられ、どちらか一方が大きく打撃を受けることはないと予想される "と分析した。 






その他の関連記事

前の記事

MBC、ストライキ暫定中断

次の記事

ソウル〜世宗市「2階KTX」走る

コメント

(0)

コメントする