12月8日エレクトロニック音楽祭、一日中「ビッグパーティー」、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


12月8日エレクトロニック音楽祭、一日中「ビッグパーティー」

0

12月8日冬の街角で、一日中"ビッグパーティー"が開かれる。 ソウル蚕室(チャムシル)体育館で開催されるエレクトロニック音楽祭 "ロード·トゥ·ウルトラ·コリア"だ。

去年の夏開催された"ウルトラミュージックフェスティバル"と連携した冬の音楽祭"ロード·トゥ·ウルトラ·コリア"が12月8日蚕室(チャムシル)体育館で開かれる。
米国をはじめとする5つの国で毎年開かれる "ウルトラ·ミュージック·フェスティバル(UMF)"の冬バージョンです。 去年の夏には8万人の観客を動員して蚕室(チャムシル)一帯を熱く焼いた。

チエスト、カール·コックス、スティーブ青木など最上級DJが参加した去年の夏とは違い、今回はディプロマ、ハードウェル、リヘプなど次世代DJが来る。 その中、米国の有名DJ兼音楽プロデューサーであるディプロは、 グループビッグバンのユニットであるかどうかディエントップ (GD&TOP)の"ポギガヨ"にプロデューサーとして参加したことがある。

"エレクトロニック"が大衆音楽史の流れに発展したのは2000年ごろだった。 1990年代にはポップ·ダンスなど他のジャンルと結合した "テクノ"が盛んに行われていた。 国内でもスペースには、この 、 イ·ジョンヒョンなどの歌手がテクノダンスを披露した。 海外では、 "エース·オブ·ベース" "アクア"などのグループがこのジャンルを世界に知らせた。

"テクノ"が"エレクトロニック"に進化し、一つの流れで固めれるようになったきっかけはティーエルシー( TLC )の"ファンメール"(1999)アルバムとマドンナの"ミュージック"(2000)アルバムがあった。 二アルバムの成功を背景に、 "テクノ"という一つのジャンルではなく、音楽史の流れである "エレクトロニック"に発展することになった。 以後エレクトロニックは、サブジャンルとしてダブステップ(dub step)、ハウス、テクノ、トランスなどを構築した。

国内のクラブブームが起こった時期は、2005年だった。 以降は市場が成長しながら、今年の夏、世界的に5つの都市での開催される "ウルトラミュージックフェスティバル"が国内に上陸した。 UMFの関係者は "韓流熱風にアジアの中心地になりつつあるソウルで、今後毎年夏·冬祭りを開催する予定"と伝えた。

1泊2日で行われる今回の祭りでは、ソウル市内の代表クラブと提携して、イベント当日の真夜中からの公式アフターパーティーを開催するなど、さまざまな遊びの文化を築きました。 

コメント

(0)

コメントする