北朝鮮 「光明星3号」、打ち上げに成功...予定軌道に進入、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


北朝鮮 「光明星3号」、打ち上げに成功...予定軌道に進入

0

北朝鮮は12日、長距離ロケットを打ち上げに成功したと発表した。

朝鮮中央通信は同日午前11時23分、 "平安北道鉄山郡西海衛星発射場から運搬ロケット`銀河3号 "を通じた`光明星3号 "2号機衛星の打ち上げが成功した"とし、 "衛星は予定され軌道に進入した "と明らかにした。

<北朝鮮ロケット発射>ホ刺した北朝鮮.. `奇襲発射"

予告期間29日まで延長して二日ぶりに強行

解散説一日ぶりに発射。情報判断の問題提起

北朝鮮の12日の長距離ロケット発射は一言で奇襲的に行われた。

北朝鮮は当初去る1日、朝鮮宇宙空間技術委員会スポークスマン談話を通じて長距離ロケットを10〜22日の間に発射すると明らかにした。

しかし、8日から打ち上げ延期の可能性を示唆した。

一連の事情が提起されて打ち上げ時期を調整する問題を慎重に検討していると8日、明らかにしたのに続き、二日後の10日には運搬ロケットの1段階調整発動機系統の技術的欠陥が発見されたと打ち上げ予定期間を29日まで延長したのだ。

このため、政府当局は概して、北朝鮮がロケットを発射しても1次予告期間の満了日だった22日は超えるものと観測してきた。

特にロケット発射一日前の11日には、北朝鮮が技術的欠陥を解決するために、発射台に立てられたロケットを発射台から降りて解体したという話まで私たちの政府関係者の間で出てきた。

このため、政府当局と北朝鮮専門家の間では、北朝鮮のロケット発射まで物理的に、少なくとも数日がかかるものと見ている雰囲気が優勢だった。

さらには、年内の打ち上げが難しいことではないかという観測も提起された。

北朝鮮のロケット対応主務省庁である国防部も北朝鮮の奇襲発射を予想していなかったことが分かった。

政府のある関係者はこの日午前、北朝鮮が長距離ロケットを発射した緊急記事が出た直後、 "撃ったことが間違いないのか。昨日、北朝鮮がロケットを解体したという話は何か"とは全然予想できなかったことを示唆した。

このため、ロケット解散説一日ぶりに北朝鮮が電撃的にロケットを発射したことをめぐり、政府の情報判断に弱点があったではないかという指摘が提起されている。

キ ム·ミンソク国防部報道官は同日、北朝鮮のロケット発射後に開かれブリーフィングで関連の質問を受けて "マスコミは、北朝鮮のミサイルが解体したという報道が出たが、その部分を私達が確認したことはない"としながら "北朝鮮の発射準備状況を注視していた"と明らかにした。

これと関連し、ジャンヨンソクソウル大学統一平和研究院先任研究員は "政府当局が衛星写真を正常に読み込みされている疑わしい"としながら "情報判断に重大な問題があったものとみられる"と指摘した。

彼は "北朝鮮が明らかにした技術的な欠陥が当初考えていたよりも意外に簡単な問題で明らかにされた可能性がある"としながら、 "金正日国防委員長の死亡1周期(17日)を契機に、ロケットを発射するという北朝鮮の意志が強く作用したものと見える "と評価した。

コメント

(0)

コメントする