ソウルなど中部地方大雪注意報...夜まで最高10cm、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


ソウルなど中部地方大雪注意報...夜まで最高10cm

0

気象庁は5日昼12時10分を期して、ソウル、京畿道、忠清南道西海岸、天安、牙山、予算に大雪注意報を発効した。

同日現在、ソウルを含む京畿道と忠清南道は雪が降って積もる所があり、全南西海岸と済州島には雨が降る所がある。

この日の昼12時現在の地域別積雪量はソウル0.3㎝、仁川1.6㎝、東豆川0.1㎝、ペンニョン島11.2㎝、西山2.0㎝等である。

気象庁の関係者は "西海上で東進している低気圧に伴う発達した雪雲台競技だけで毎時30〜40㎞の速度で東北東濃くている"とし、 "大雪特報が徐々に拡大されたり強化され、発表される可能性が高い"と話した。

続いて "大雪特報が下された地域を中心に多くの雪が降り積もるところがあり、交通安全に注意が要求される"と付け加えた。

5日午前11時から6日深夜まで予想積雪量は、中部地方(江原東海岸を除く)、慶北北部3〜10㎝(多い所江原内陸と山間15㎝以上)、江原東海岸、全裸 ナムブクド(全南海岸を除く)、西海5島2〜7㎝、全羅南道南海岸、経常ナムブクド(慶北北部を除く)、済州島の山間、鬱陵島·独島1〜5㎝などである。

今回の目玉は、中部と南部の一部内陸、6日未明には全裸ナムブクド西海岸を中心に多くの雪が降ると予想される。

特にこの日の昼から雪が降り積もるところがあるでしょており、夜からは気温が下がっ降った雪が凍結され、道路が滑りやすいところが多いだろう。

雪や雨が止まった後からしばらく寒さが続き、かと言っ気象庁は伝えた。

コメント

(0)

コメントする