レストランで喫煙外の場所全面禁煙、8日から施​​行、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


レストランで喫煙外の場所全面禁煙、8日から施​​行

0

病院·図書館·児童青少年が利用する施設など屋内外の完全禁煙

タバコに添加されるガヒャン物質含有表示の制限... 8日から施​​行



来る8日から広さ150㎡以上のレストランでの喫煙が原則として禁止され、公衆が利用する施設は、建物だけでなく、庭や駐車場などの屋外まで施設全体が禁煙区域に指定される。

これに伴い、公共施設を利用する喫煙者は別途喫煙室でのみタバコを吸うことになる。

保健福祉部はこのような内容を盛り込んだ国民健康増進法とその施行令·施行規則の改正条項が来る8日から実施される4日明らかにした。

広 さが150㎡以上の一般的なレストラン·休憩のレストラン·ベーカリー営業所(全国約8マンゴトと推定)は8日から、別途用意する喫煙所を除き、店舗全体 を禁煙区域に指定する必要があり、これを違反した場合1次170万ウォン、2車330万ウォン、3次500万ウォンの過怠金を出さなければならない。

顧客などは、別途用意された喫煙所がある場合は、この場所でのみタバコを吸うことができ、これを違反した場合10万ウォンの過怠料を払うことになる。

また、公衆が利用する施設や子ども·青少年が利用する施設は、屋内だけでなく、駐車場、花壇、運動場などを含む施設全体が禁煙区域に指定される。

ここには、大型建築物·商店街·スポーツ施設、政府·地方自治体·国会·裁判所·公共機関·地方公営企業の庁舎、保育園、幼稚園、小·中·高校、医療機関、図書館、青少年修練院、キッズスペース、高速道路の休憩所とその付属施設などが含まれる。

このような施設では、別途喫煙室でのみタバコを吸うことができ、喫煙室は原則として建物の出入口から10m以上の距離を置いて屋外に設置されなければならない。

公衆利用施設の所有·占有·管理者は、施設利用者がよく見えるように建物の出入口に施設全体が禁煙であることを知らせる標識を付けたり、シールを貼っなければならない。

屋内に喫煙所を設置する場合、タバコの煙が室内に流入しないようにガラスの壁などにインテリアと完全に遮断·密閉されなければし換気扇などの換気設備を設置しなければならない。

保健福祉部はまたタバコの香りを出すために添加されるガヒャン(加香)物質や食品がどんなものか包装や広告に表示することができないようにした。

これに伴い、 "メンソール"、 "モヒト '、'チェリー '、'アロマ '、'アップルミント"、 "カプチーノ"、 "コーヒー"、 "リンゴ"などと書かれたタバコは消えることになる。

政府はレストランが禁煙ルームにPCやテーブルなどを置いて、顧客がこの場所でタバコを吸いながら飲食飲み物を飲めるようにしばらく許可することにしたが、2015年1月からは、これも禁止して喫煙所には椅子と灰皿が置くことがようにする方針だ。

政府は2014年1月からは広さ100㎡以上のレストラン(約15マンゴト推定)、2015年1月からはすべてのレストランでの喫煙を禁止する計画だ。 また、来年6月からはPC部屋での喫煙も禁止することにした。

福祉部の関係者は、 "現行の公衆が利用する施設禁煙区域指定だけでは、非喫煙者を保護するのに限界があり、規制を強化した"と説明した。

 

コメント

(0)

コメントする