「北朝鮮ミサイル発射」 、衛星軌道進入した状態不安定、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


「北朝鮮ミサイル発射」 、衛星軌道進入した状態不安定

0

北朝鮮が12日に打ち上げたミサイルの搭載物(北側は "人工衛星"と主張)が地球の軌道に正常進入したが、 "制御がうまくいかない不安定な状態(tumbling out of control)"と、米NBCニュースが報道した。

NBCはこの日、匿名を要求した複数の米高官の言葉を引用し、 "北朝鮮が打ち上げたのが一種の宇宙飛行体(space vehecle)であることは確かだが、その飛行体が果たしてどのような機能をするのかはまだ正確に把握ならなかった"と伝えた。


CNNも同日、米管理の言葉を引用し、 "北朝鮮が昨日発射した"衛星 "についての完全な統制力を確保したようでないと判断している"と報道した。

デジタル機器専門ブログの "ギズモも(Gizmodo)"は、 "米国を含む宇宙空間のトレース能力を備えた国々が北朝鮮の宇宙飛行体の軌道進入に成功を確認した"としながら "しかし、制御がない不安定な状態"と明らかにした。

特にギズモ度は "問題は、この物体が今、他の衛星と衝突する危険性があるという事実"と憂慮した。

先立って米国は1997年の重量1千235ポンドのイリジウム通信衛星を打ち上げたが、2009年の重量1tの捨てられていたロシア製衛星(1993年打ち上げ)と衝突した。 当時ネジ(米航空宇宙局)は、ロシアの責任だと非難した。

ギズモ度はまた(北朝鮮の)衛星が衝突すると、そのホルジなくてもゴミに完全な宇宙をイリジウムなどで汚染させると指摘した。

もちろん、小規模の衛星の破片でも追跡することができます。しかし、宇宙ゴミは、確認が不可能な分子も輩出して、何千もの破片が他の衛星や宇宙船さらに宇宙飛行士たちの命を危険にさらすこともあると付け加えた。

さらに、北朝鮮が打ち上げた飛行体が本当に衛星なのかどうかは誰もわからず、その国は、北朝鮮が3段階大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験を偽装しているという判断を下していると指摘した。

ただ一つ幸いなのは、北側の宇宙飛行体の精巧さが落ちるという事実が明らかになり、北朝鮮の長距離武器のデザインや統制力に問題があることを見せてくれたという点だと説明した。

宇宙科学者デビッドライトはCNNとのインタビューで、 "北朝鮮が発射した長距離ミサイル搭載物"光明星3号 "は、洗練度が落ちるようだ"と分析した。

続 きギズモ度は "(北朝鮮が)ICBMを宇宙に打ち上げがして入れても、米ロサンゼルスで介護の核弾頭を落とすことができるのではない"としながら "そのためには洗練された誘導システムが必要か北側の科学者たちは、そのような技術をまだ体得していないようだ "と付け加えた。

先にクリスチャン·サイエンス·モニター(CSM)は、北朝鮮が長距離ミサイルに搭載する核弾頭の小型化技術はまだ確保できず、すぐに脅威にならないだろうと報じた。

北朝鮮は天の川3号に100kg内外の搭載物を乗せて発射したと推定される。 核弾頭を搭載するには、500〜1千kg規模で小型化する技術を優先的に確保しなければならない。

コメント

(0)

コメントする