韓国路線、外国航空会社が先を争って集まって来る、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


韓国路線、外国航空会社が先を争って集まって来る

0

外国航空会社が集まっている。 航空消費者の立場から見れば、様々なルートで、様々な価格帯の航空機の搭乗が可能となり、今後、海外旅行やビジネス出張が便利になる見込みだ。

仁川(インチョン)国際空港公社と航空業界などによると19日現在、韓国路線就航を認可された外国国籍の航空会社はすべて84個にのぼる。 2009年以来、3年連続で増えている。 特に今年は、大手航空会社と低コスト航空会社(LCC、Low Cost Carrier)、アジアや欧州など規模や地域に関係なく、様々な外資系航空会社が韓国市場に続々と進出した。

↑外資系航空会社の韓国進出が続き、仁川(インチョン)国際空港がアジア代表のハブ空港として位置づけられている。 写真は仁川空港で飛行機が離着陸する様子。 /ギムヨングック記者

欧州最大の航空会社の一つである英国航空は、最近14年ぶりにソウル〜ロンドン直行便を再開した。 エアアジアと全日本空輸(ANA)が合弁で設立したエアアジア·ジャパンも仁川〜成田路線を最初の国際線に選んだ。 日本初の低コスト航空会社であるピッチ航空は今年、仁川〜大阪路線の運航を開始した。

外国航空会社が先を争って韓国路線を新設または伸ばしている理由は何か。 まず東アジア、特に韓国航空市場の成長速度が速いためだ。 航空機製造会社であるエアバス調査によると、今後20年間、アジア太平洋地域の航空会社の輸送乗客増加率は5.9%で、全世界の年平均成長率(4.8%)よりも高いものと展望された。 実際、我が国の航空旅客需要は世界的な経済不況にもかかわらず、史上最大の記録を連続して塗り替えている。 今年第3四半期の国際線航空旅客は前年同月比10.4%増の1295万人を記録した。 歴代3分期最大実績は昨​​年1173万人だった。 国土海洋部は "盆と夏休みなどの連休特需に伴う海外旅行と日本·中国観光客の増加に国際線旅客が史上最大を記録した"と明らかにした。

韓国は東アジアでも魅力的な市場で評価される。 ケイパプ(K-POP)など韓流熱風がアジア地域内の韓国路線の需要を押し上げる重要な要因として挙げられる。 英 国航空の持ち株会社であるIAGグループウィリー月時会長は "韓国は中国とは異なり、既に成長した経済構造が、それにもかかわらず、航空市場が持続的に成長している"とし、 "観光需要はもちろん、ビジネス需要が堅調に増加して他の東アジア諸国と差別化されるの強みを持っている "と話した。

ここでは、アジア圏の代表ハブ空港に成長している仁川空港の努力も一役買った。 イ チェウク仁川国際空港公社社長は、 "既存の事業本部を営業本部に変え乗り換えの乗客と航空会社の誘致など積極的な営業戦略を展開している"とし、 "これまで仁川空港に就航していなかった航空会社を訪問し、航空会社の乗り継ぎインセンティブも提供している "と話した。 その結果、昨年566万人だった仁川(インチョン)空港乗り継ぎ客が、今年は20%増の675万人と予想される。

来年も外資系航空会社の韓国進出はずっと続く展望だ。 最近、タイの格安航空会社であるオリエント·タイ航空が "仁川〜バンコク"路線を週7便運航するために運航許可を受けた。 ハワイアン航空も来年1月から "仁川〜ホノルル編を週4便運航するための準備作業をしている。 世界最大規模の航空会社の一つであるアメリカン航空も来年5月10日、仁川〜ダラス路線に旅客機を浮かべる計画だ。

外資系低コスト航空会社も国内攻勢を強めている。 日本航空(JAL)とオーストラリアのカンタス航空などが出資して設立したジェットスタージャパンは、来年に韓国と日本を接続する国際線を開設する計画だ。 ア ジア最大低コスト航空会社であるエアアジアグループのトニー·フェルナンデス会長も最近、 "韓国は韓流ブームなどで東南アジア人たちに人気のアトラクション"と "現在のエアアジアフィリピンで仁川(インチョン)〜クラーク、釜山(プサン)〜クラークなどの新規路線の開設について韓国政府との交渉を進行中 "と話した。

コメント

(0)

コメントする