2月の国際線燃油サーチャージ上がって...国内線そのまま、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


2月の国際線燃油サーチャージ上がって...国内線そのまま

0

来月航空券燃油サーチャージが国際線は上がって国内線はそのまま維持される。

16日に航空業界によると、2月1日から適用される私たちの国籍の航空会社の国内出発国際線燃油サーチャージが従来の15段階から16段階にした段階上がる。

国際線燃油サーチャージの段階では伝達中旬から今月中旬まで一ヶ月間、シンガポール国際石油市場燃油(MOPS)の平均価格を基準に付けられる。

先月16日〜今月15日、シンガポール航空燃料はガロン当たり300.80セント、バレル126.29ドルで、前月より小幅上昇して燃油サーチャージの引き上げを加速した。

これにより、大韓航空とアシアナ航空の米州路線燃油サーチャージ(以下片道基準)は154ドルで来月165ドルで11ドル上昇する。

欧州路線は148ドルから158ドルに、東南アジア路線は58ドルから62ドルに、中国·北東アジア路線は44ドルから​​47ドルに、日本·中国山東省路線は25ドルから27ドルにそれぞれ上がる。

しかし、2月に国内線燃油サーチャージは1万2千100ウォンで1月と同じように策定した航空会社は、明らかにした。

コメント

(0)

コメントする