「円安」南大門両替市場でも強打...存廃岐路、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


「円安」南大門両替市場でも強打...存廃岐路

0

日本人客が急減... "一日20万〜30万ウォン損害普通"

銀行が門を閉めた21日午後4時南大門市場両替商。

雨の中で成子供ユマ(17)の量が店にやってきた。 主人の張おばさんは何も言わないまま窓の外には、通貨コンバータだけ差し出した。 ジョグな計算機液晶に数字が点滅した。

`118,200"

ユマさんはうなずく古書財布からお札5章を取り出しウォンに変えた。

"今日来たのがやっと三人だが2万円、1万円、今度は5千円だよ"張氏は声を高めた。 "1万円変えてくれたところで残るのは100円にもならないよ。でも付いている円の値が下がって行ったら...一日20万〜30万ウォンずつの損害は普通ラオ"

残念ではあるユマ譲渡同じだった。 名古屋から来たという彼は、 "円がない私しまった場合、より高価なものも買い物したのに..."と話した。

南大門市場で聯合ニュースの記者が会った両替商は "病む音ではなく、`本物 "大変だ"と改めて強調した。 前例のない円安に主要顧客である日本人観光客が急減したためだ。

日本人のお客様は小額万チビリチビリ変えて行ったら両替商の規模を問わずすべて生死岐路に立ったという訴えもあった。

それでも章おばさんは良い方だ。 バス停横の露店が堂々と登録業者であるおかげだ。 何よりもしっかりとした屋根がある。 路上に私座ったアンさんの祖母の無許可両替所はパラソルにかけてた透明なビニール一つ雨脚を阻んでいた。

"今日もランチ値儲けられなかったよ"

ないおばあちゃんは、最中より日本人客が10分の1は減ったとした。 "その時は南大門市場が日本なのか韓国なのか分からないほどだったが...取ったデソンお金を使うのか分からなくてもここはたくさんヒムドゥネ。一戸渡り一戸が両替所だ"

警察によると、今年1月11日を基準として、南大門市場に登録両替所は26社。 昨年に22〜23個よりやや増えた。

南大門警察署ユヨウンボム傾斜は "路上に無許可両替商も21個で把握されたが出てきたしまった方だから正確な数値ではない"と言いながら "通常の外国人観光客は、無許可ではなく正式登録された両替所を探しているようだ"と説明した。

規模が大きいところはちょっとましだとした。 D両替所の朴社長は "ここでそれさえもゴンチ日はないレベル"と話した。 彼の両替所はサラリーマンの従業員もいた `大企業"である。

"お客さんの方が何百万円掛け合うこれまでにも為替レートが取引落ちます。ところで駆け引きしたデロお金はなければならないでしょう。`翌日まさか上がるか、上がるか "と言いながら持っているが(ウォン·円レートが落ちジニー)継続損害が私です"

彼はもう国際政治の勉強をするとした。 為替レートを見るためだ。 "阿部ので...今日あるBOJ(日本銀行)の金利決定がうまくいけばならないでしょう..."彼は1万円が15万ウォンから11万7000ウォンまで下がる間、政府が黙っているのを理解できないとした。

南大門両替商の間では `した大手企業が円急落を勝てず、結局廃業したよ"とか "日本人観光客の割合がより高い明洞の方は、営業を完全に放棄したよ"という説が怪談のように流れた。

この日、韓国銀行は昨年末、100円のウォン相場が1,238.3ウォンで、2011年末(1,481.4円)に比べ19.6%も下がったという。 14年ぶりに最も大きな下げ幅である。 ウォン·円レートは午後5時45分現在、前日より1.14%上がった1,188.2ウォンを記録した。

コメント

(0)

コメントする