北キム・ジョンウン、前例のない最高指導者の声明、社会、韓国発の最新情報

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス

お問い合わせ


北キム・ジョンウン、前例のない最高指導者の声明

0

米国ドナルド・トランプ大統領が去る19日(現地時間)、国連総会の演説で、北朝鮮の核の脅威に対する防御次元で「北朝鮮を完全に破壊することもできる」と発言してみましょう、北朝鮮キム・ジョンウンは21日、国務委員長名義の声明を通じて「火治めること」と応酬した。 北朝鮮で最高指導者名義の声明が出たのは前例のないことである。

22日の朝鮮中央通信によると、キム・ジョンウン委員長は声明でトランプ大統領の演説が「歴代これ米国大統領からも聞くことができなかった前代未聞の狂人ナバル」とし「選挙当時トランプを置いて「政治門外漢」、「政治異端児」と嘲笑していた言葉を思い出しになる」と削った。

キム・ジョンウン委員長は続いて「米国執権者の発言は、私驚か場合、または停止立てではなく、私は、選択した長さは正しかったし、最後まで行くことが道であることを確証してくれた」とし「世界の面前で出て国の存在自体を否定して侮辱し、私たち共和国を取り除くうと歴代最も非道な宣戦布告をしてきた以上、それに相当する超強硬対応措置断行を慎重ヒ考慮する」と述べた。

彼はさらに、「妄言の対価を必ず受けられる」とし「トランプが、その何を考えせよ間それ以上の結果を見ることになるだろう。オールディーマニアックを必ず火治めるだろう」と対抗した。

北朝鮮は通常国家機関や党の外郭団体が声明を出すように公式の立場を表明してきた。 また、事案が重大であると判断されたり重大な決定事項があるとき最高の権威を付与したものと評価されている「政府声明」を限定的にした。 北朝鮮が政府声明を発表した事例は、8月に国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議2371号の政府声明まで全7回に過ぎない。

北朝鮮がこれまでにない最高指導者名義の声明を通じて「私が選んだの長さは正しかった」と核武力完成の意志を重ね表わしただけ、北朝鮮の核川およそ(强對强)局面は、ずっと続く見通しだ。 また、キム・ジョンウンの声明は、周辺国へのメッセージを発信すると同時に、内部的には、命令を下したものであり、核武力完成にさらに速度を出すことが期待される。 ドナルド・トランプ米国大統領が19日(現地時間)、ニューヨークの国連本部で国連総会演説を行っている。

これ北朝鮮が長距離弾道ミサイル火星-12型、グアム包囲射撃、大陸間弾道ミサイル火星-14型グアム射撃などの追加の高強度武力示威を強行する可能性も排除できない。 この場合、すでに米国側で「外交的手段」が残り少なくないとの懸念が出てきただけに、朝米間の対立がより先鋭になるしかないだろうという観測だ。

ただし、一部では党が国家より上にある北朝鮮の金正恩委員長が「労働党委員長声明」ではなく「国務委員長」の声明を出して「最高水位」の立場表明を残すことで局面転換の可能性を開いたことで見なければならないという分析も出てくる。


コメント

(0)

コメントする